成婚インタビュー

  1. HOME
  2. ご成婚インタビュー
  3. 同業のお仕事が結びの縁

定期紹介状
典子さん47歳

同業のお仕事が結びの縁

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
泰彦さん(52歳)、交際期間は1か月です。
今回は交際1ヶ月でゴールインなさった幸せいっぱいのおふたりに、お話をおうかがいいたします。よろしくお願いします。
どうぞよろしくお願いします。
まずはおふたりの出会いから、教えていただけますか?
GIL(定期紹介)でした。
ネット会員同士なんですよね。成立するまではトントン拍子でしたか?
泰彦さん:
そうですね。私は即決でイエスのお返事を出しました。

典子さん:
やはり結婚相手を選ぶわけですから、私はちょっと考えました。
まあ、期限切れにならないように、ちゃんとお返事はしましたね(笑)。
成婚までの軌跡をたどりますと……すごいスピード婚ですね。交際期間は1ヶ月ですか。
泰彦さん:
まあ、そういうことです。

典子さん:
仕事が同業ということで、気が合ったのがよかったのだと思います。
初めてお会いしたときの印象的なエピソードを教えてください。
泰彦さん:
一緒にお昼を食べました。

典子さん:
和食でしたね。
美味しかったと思うんですが、泰彦さんを知るのに夢中で、よく味がわからなかったかも。
第一印象はどうでしたか?
泰彦さん:
仕事熱心でまじめな感じがしました。あ、そうそう。学校の先生みたいな。

典子さん:
仕事の話を熱く語ってくださったので、仕事熱心で向上心のある方なんだろうなと思いました。
同業ということで、いろいろと理解できることとか、同業ならではの『わかる、わかる』と共感できる部分も多いのでしょうか。
泰彦さん:
だいたい『そうだよね』と共感しています。ただ仕事に対するポジションの違いから、異なる視点の意見をもらえて、新たな発見ができることもあるんです。
同業だから、築ける関係性なのですね。貴重な意見を交換し合えるカップルって、ステキだなと思います。
典子さん:
意見の対立が起きるときは大変なんですけどね(笑)。
自己が確立されているからこその対立なので、私は良い関係だなと思いますよ。ところで、お相手のどんなところが好きですか?
泰彦さん:
う~ん。まじめなところですかね。あと明るい性格。一緒にいると楽しいです。そして彼女は、とても家庭を大切にしてくれる。まず家庭ありき、みたいなところに安らぎを感じました。

典子さん:
いつも前向きに行動するところですね。それから行動力があって、迷っている私をグイッっと引っ張ってくれたり背中を押してくれると、頼もしさを感じます。
男らしいですね。『オレについて来い!!』なんて、自信のある人にしかできないですよ。カッコイイ!!
泰彦さん:
そうですか。照れますね。
そうして、お互いを結婚相手として意識したおふたりは、結婚への階段を駆け上っていくわけですね。プロポーズの言葉は何でしょう。
泰彦さん:
口下手なので、ロマンチックな言葉は、まったく出ませんでした。シンプルに『結婚しよう』でした。

典子さん:
字で書くと、たった5文字の簡単なひと言なんですが、
その言葉が耳に入ってきたときには、心にズシンと響きました。
いいですね~。余計なものをそぎ落としたシンプルな言葉こそ、力が宿っている。そんな気がしますね。おふたりは、今後どんな家庭を築いていきたいですか?
泰彦さん:
幸せな家庭ですね。
彼女と子どもたちと、やわらかなムードに包まれた生活を作り上げていきたいです。

典子さん:
明るい家庭にしたいです。子どもはもう十分いるので、これ以上はいいです(笑)。
そうでした。おふたりとも、お子さまが数人いらっしゃいますよね。大家族、楽しそう!
うふふふ。
お互い再婚同士ですが、上手くやっていくコツは何だと思いますか?
泰彦さん:
隠しごとをしないこと。何でも話す姿勢が大切だと思います。
悩みごとも人に話すと解決する場合がありますよね。

典子さん:
私もそう思います。問題が出てきたら話し合うこと。
対立したときは、どちらかが引くのではなくて、お互いができる限り歩み寄ることが大切だと思います。
なるほど、個々の考えを尊重していくことが円満の秘訣なんですね。
典子さん:
感情的になってしまうと、そう上手くはいきません。
だから、なるべく冷静になるよう努めることが大切なのかも。
では最後になりましたが、何かメッセージをお願いいたします!
泰彦さん:
サンマリエさんに『ありがとうございました』と言いたいです。
交際1か月のスピード婚ですが、とても良い人にめぐり会えました。

典子さん:
みなさんも良い出会いをしてください。
待っているだけでなく、ときには前に向かってドンと突き進むことも必要かもしれませんよ。
ありがとうございました。みなさんで、お幸せに。