成婚インタビュー

  1. HOME
  2. ご成婚インタビュー
  3. これから私たち幸せになります

特別紹介状
國夫さん49歳

これから私たち幸せになります

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
秀子さん(50歳)、交際期間は3か月です。
今月も幸せな成婚カップルにお話をうかがいたいと思います。
出会いのきっかけは何ですか?
秀子さん:
お見合いです。

國夫さん:
僕はネットなんですが、彼女はレターだったんですよ。
では店舗が結びの神ということですね。
國夫さん:
そうですね。同じ地域の所属でよかったです(笑)。
事前にお電話やメールでのやり取りがなかったわけですから、まったくの初対面での印象はいかがでしたでしょうか。
國夫さん:
なかなか良かったですね。

秀子さん:
話しやすかったです。話の合う人だな、と思いました。
お見合い後、デートを重ねられたと思いますが、大阪エリアの皆さんの参考のために、初デートの場所と思い出の場所を教えてください。
國夫さん:
初デートは神戸へドライブに行きました。ポートタワーとか、異人館とか。観光っぽいですか?
思い出の場所はゲートタワーホテルです。

秀子さん:
私にきれいな夜景をみせてくれようと、一生けんめい場所を探してくれました。
ホテルのときも空港の夜景とかが幻想的できれいだったわ。
秀子さんに喜んでもらうために努力を惜しまない姿は素敵ですね。
やはり、そんな優しさに心ときめいたのでしょうか。
秀子さん:
そうですね。うふふ。
初対面から三か月でご成婚ということですが、結婚を意識されたキッカケは何ですか? やっぱり優しさ?
國夫さん:
いや~、もう第一印象から決めてましたよ。交際するごとに料理上手だとか、彼女の優しさを知って、もっと魅力が増していきましたね。

秀子さん:
私はプロポーズされたとき。『幸せにします』『大事にします』と言ってもらったことで、具体的に意識しました。いつも変わらない優しさに、漠然とは意識していましたけど。
お二人がご結婚されることになって、周りのみなさんは、どのような反応をされましたか? 特に秀子さんは三人のお子さんがいらっしゃいますが……。
國夫さん:
幸せになって。と言われました。

秀子さん:
子どもたちは既に手を離れているのですが、『将来、お母さんが一人ぼっちにならなくて安心』と言われました。
やさしいお子さんたちですね。
秀子さん:
そうですね。まさか『将来お母さんが一人でなくてよかった』なんて言われるとは思いませんでした。
いつの間にか心配される側になっていたんですね(少し涙目)。
なんだかこちらまで親子愛に感動してもらい泣きしそうです。ぜひ幸せな家庭を築いていただきたいです。どんな家庭にしたいですか?
國夫さん:
いつまでも一緒にいて、楽しく旅行などに行ける温かい家庭にしたいです。

秀子さん:
平凡かもしれませんが、手料理をおいしいと言ってもらって、ときにはデートや旅行に行くような二人の生活を大切にする生活をしていきたいです。
「平凡」と言われるものが一番大切ですよね。
多くの現会員の皆さんが求めているものだと思います。
國夫さん:
あんまりドラマチックな日々だと大変ですよ(笑)。
どんなことに気をつけることがうまくやっていくコツだと思いますか?
國夫さん:
相手にない部分を僕がカバーしていければ、相互補助できていいのだと思います。

秀子さん:
私は彼のリードにまかせて、寄り添っていくようにしたいです。
船長は國夫さんで航海士は秀子さんという船で、新たな人生に漕ぎ出した二人から会員の皆さんに一言お願いします。
國夫さん:
僕たちのように良きパートナーが見つかることを心より祈っています。
彼女と一緒にいるときが一番幸せですよ。

秀子さん:
良きパートナーがいると、年齢を忘れて幸せな気分になれます。こんなに早くに良い人に会えたのだから、まだ他にもいるはず、なんて考え方は止めたほうがいいです。お付き合いしていくうちに、『この人だ!』と思う人と出会うのに期間は関係ないと思います。
とても良いインタビューをありがとうございました。お幸せに。