成婚ストーリー

  1. HOME
  2. ご成婚ストーリー
  3. 自分を知ることが結ばれる近道!?

イベント
千佳さん38歳

自分を知ることが結ばれる近道!?

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
国哉さん(38歳) 、交際期間は3か月です。
交際期間3か月でのゴールインおめでとうございます。
いろいろと教えていただきたいと思います。まずは、お二人の出会いのきっかけから。
国哉さん:
サンマリエのランチパーティーでした。

千佳さん:
サンマリエのランチパーティーです。
そのときの印象はいかがでしたか?
国哉さん:
話しが合うのもそうなんですが、なんとなくフィーリングが合いました。

千佳さん:
さわやかで明るい人だな~と思いました。
お二人で始めてデートされたのは?
国哉さん:
ボウリングに行きました。

千佳さん:
ボウリング場に連れて行ってもらって、みっちり教えてもらいました。
ストライクが出たときは大盛り上がりでした。ストライクの後、連続ガーターを出したときはバツが悪かったのですが、彼は笑顔で「ドンマイ」っていってくれたので安心できましたね。
楽しかった思い出の一つですね。お相手の好きなところを一つ教えてください。
国哉さん:
周囲に気配りしてくれるところかな。とても気の利く素敵な人です。

千佳さん:
明るくて元気で大らかなところです。私の気持ちをいつも明るく元気にしてくれます。
温かい雰囲気に包まれたお二人ですが、思い出の場所について教えていただけますか?
国哉さん:
俺はゴルフ場。コンペで一緒にプレーしたときがすごく楽しかったから。

千佳さん:
私は陶器市で一緒に食器を選んだこと。
とても気に入った物を選ぶことができたのと、これから二人でこれを使うことを考えてドキドキしました。
お互いの「ここがイイ」というところを教えてください。
国哉さん:
やはり「一緒にいて自然でいられること」ですね。
気負ったり、見栄をはったりしないでいいのは気持ちが楽です。

千佳さん:
共通の趣味を楽しむことができるところですね。
あ、あとは彼と一緒だといつも笑っていられる自分がいること。
気持ちが共有できる関係のお二人なのですね。
「結婚しよう」という必要もなかったと思いますが、結婚を意識したきっかけと、プロポーズの言葉は?
国哉さん:
そうですね~。お互いに気を使いすぎず、自然体でいられる間柄になっていたので「結婚のきっかけ」というタイミングについての意識はあまりしませんでした。
ただ、プロポーズは「俺の部屋に来てください」でした。

千佳さん:
私もそうですね。「いつ」というのはなく、一緒にいるのが自然でした。
ただ、彼の仕事が忙しそうだったので、身の回りのことをしてあげたいと思ってはいましたね。

国哉さん:
そんなに忙しそうだった?

千佳さん:
そうよ。部屋が全てを物語ってたわよ。
それから、プロポーズは「サンマリエを一緒に退会しよう」じゃないの?

国哉さん:
・・・・・・。
まあまあ。幸せを羨む妖精のいたずらですね。
多少のことは大きなワクで考えましょう。周囲の反応はいかがでしたか?
国哉さん:
親戚一同とキャンプに行ったときの彼女の働きに感心していました。大歓迎でしたね。

千佳さん:
私がバツイチの三十代後半なので、親は気に病むことが減って安心したようです。
友人たちは3ヶ月という短い交際期間にびっくり。
運命の相手との交際に時間はいらないですよね。どのような家庭にしたいですか?
国哉さん:
落ち着ける家庭を築きたいです。

千佳さん:
安らぎがあり、お互いを尊重し、共に向上していける家庭を目指します。
お互いが上手くやっていくコツってありますか?
国哉さん:
俺はお互いを尊重し、相談しあえる関係でいることだと思いますね。
彼女を人として、女性として、家族としても尊重していきたい。

千佳さん:
言いたいことを言うことだと思います。
私の場合は、彼が怒らずに聞いてくれるから上手くいっているのかもしれないけど、言いたいことはハッキリ言わないと、「私はいつも我慢してるのに!」っていつか爆発しちゃうと思います。
おっしゃる通りです。
我慢ばかりしていると、ケンカをしたときに「あれも」「これも」不満が後出しジャンケンみたいに出てきますからね。賢者ですね。
では賢者のお言葉で会員のみなさまにエールをお願いします。
国哉さん:
自分に合う相手を見つけてください。必ず出会えます!

千佳さん:
自分自身がどんな人か、どういう人が好きなのか・合うのかがわかれば、より早く自分にぴったりで理想的な人を見つけることができると思います。
まずは自己分析か自己啓発から・・・でしょうか。がんばってください。
ありがとうございました。お幸せに。