成婚ストーリー

  1. HOME
  2. ご成婚ストーリー
  3. 出会って2週間で「結婚してください!」

特別紹介状
有朋さん34歳

出会って2週間で「結婚してください!」

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
詩さん(30歳)、交際期間は3か月です。
出会いのきっかけは?
有朋さん:
インフォメーション・レターです。
初めて会ったときの印象は?
有朋さん:
あいさつがとても自然体でしたので、ナチュラルで素直な人という印象でした。

詩さん:
スーパーの帰りに会うことになり、普段着に買い物袋さげて、しかもノーメークで、登場したんです(笑)。そんな私を彼は笑って許してくれました。そのあと、おしゃべりをして聞き上手な人だなーと。
初デートはどちらに行かれたんですか?
有朋さん:
ええ、手持ち花火を買って公園へ。

詩さん:
この日は、「結婚を前提にお付き合いしてください」って言おうと決めていたので、とっても緊張しました。

有朋さん:
彼女が浴衣を着ていたのが、すっごくかわいくて、一気に心をつかまれましたね。
一気に心をつかまれた有朋さん、そのあとは?
有朋さん:
清水の舞台から飛び降りる気持ちで「俺と、けっ、結婚!してください!!」と言いました!

詩さん:
私も二つ返事で「ハイ!」と。出会ってから二週間後の出来事でした。
お相手のどこに惹かれましたか?
詩さん:
一緒にいる時に、いつも笑ってくれるところ。そして、つねに私を本気で守ってくれるところです。それと、仕事で悩んだ時は一緒に解決してくれる姿勢が大好き!

有朋さん:
ぼくの良いところも悪いところも、感受性高く受け止めて真剣に向き合ってくれる……彼女のそんなところが好きです。時に、そのせいで彼女が泣いちゃうこともあるけれど、一生懸命な詩が大好きです。

詩さん:
二人とも職場が同じ沿線なので、一緒に帰りながら、一日の仕事の疲れを癒しました。

有朋さん:
たこ焼き屋さんに寄ってね。彼女があの手この手で、ぼくを楽しませてくれるので、疲れを笑いで吹き飛ばすことができます。

詩さん:
彼は、人を思いやって生きてきたんだと思います。私は有朋さんを尊敬しますし、見習っていきたいです。
心に残る出来事はありますか?
有朋さん:
福井県の三方五湖という所へ遊びに行った時のことです。『カワラケ』に願い事を書いて、山頂から投げる願掛けがあるのですが、詩が「ぼくのことを一生愛します」って書いてくれて。ぼくもこの人を、詩を一生大切にしようと思いました。

詩さん:
その三方五湖の帰りに、突然、真剣な顔で、「詩、生まれてきてくれて、生きてくれて、ありがとう」と優しい声で言われた時、この人をずっとずーっと愛していきたいと思いました。
結婚の報告に、ご両親やご友人の反応は?
有朋さん:
めっちゃ、びっくりしてました!「こないだまで何にもない雰囲気だったのに」って。

詩さん:
「おめでとう!っていうか、いきなりすぎて、びっくりよー!」と親からも友人や兄弟からも言われました。
どんな家庭にしたいですか?
詩さん:
温かくて、愛が満ちあふれている家庭にしたい。早く家に帰りたいなーって思うような、そんな家庭に。

有朋さん:
そう、仕事が終わったら早く家に。プラスおいしいご飯も。自分が船なら港のような落ち着ける場所にしたいですね。
仲良くやっていくコツはなんでしょう?
有朋さん:
人によっていろいろだと思いますけど、ぼくは相手の話を聞いてあげて、手を握ること。手を握ると相手の感じが伝わっていいかなと思っています。

詩さん:
私は、たくさんコミュニケーションをとることだと思います。疲れるようなことはしない。そして、たくさんふれあうことですね。
これから素敵な出会いを見つける皆さんにメッセージを!
有朋さん:
運命の人って、だれにでも必ずいます。少しの勇気で人生は一気に変わるので、勇気をもってがんばりましょう!

詩さん:
赤い糸は必ずあります!皆さんも自分の赤い糸を信じて、がんばってください。サンマリエには赤い糸を結んでくれるエンジェルの方達がたくさんいらっしゃいます。私たちのエンジェルアドバイザーTさんに、たいへんな感謝をしてます。私たち幸せになります。