成婚インタビュー

  1. HOME
  2. ご成婚インタビュー
  3. 彼がサックスを吹く姿に、一目惚れしました。

特別紹介状
理江さん30歳

彼がサックスを吹く姿に、一目惚れしました。

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
健一郎さん(29歳) 、交際期間は5か月です。
出会いのきっかけは?
健一郎さん:
特別紹介状(IL)です。
はじめて会った印象はいかがでしたか?
理江さん:
ルックスがいいので、モテそうだな、と思いました。

健一郎さん:
僕はおとなしそうだな、と思いました。
初デートはどちらに行かれたんですか?
健一郎さん:
ライブを見に行きました。

理江さん:
それが、なぜか二人きりではなく、彼の友人と一緒に3人でだったんですよ(苦笑)。

健一郎さん:
おもしろかったのは、友人も彼女も方向音痴だということが分かったこと。おかげで、お店に着くのが大変でした(笑)。

理江さん:
そのあと、ジャズバーに行き、彼がサックスを吹く姿に一目惚れしました。
それは素敵ですね。ほかにどんなところに惹かれたんですか?
理江さん:
自分自身の考えをしっかりもっているところです。年下ですが、とても頼りになります。

健一郎さん:
彼女の優しいところに惹かれました。
思い出に残るデートを教えてください。
健一郎さん:
小樽でのデートで、いちばんの思い出ですね。

理江さん:
私は花火大会に行ったことです。浴衣を着て彼と一緒というのに、ずーっとあこがれてたんです(笑)。
今のお相手をを選んでよかったことは?
理江さん:
彼自身も素敵な人なんですが、ご両親やお姉さんも素敵なので、家族になれてうれしいです。
結婚を意識したきっかけは?
理江さん:
彼の実家に遊びに行ったら、ご両親に「結婚するの?」と意志を確認されまして。

健一郎さん:
交際が順調だったので、自然な流れでした。
プロポーズの言葉は?
理江さん:
「これから先、私と結婚する?しない?さあ、どっち?」と。
理江さんからプロポーズをされたんですね。で、健一郎さんは何と?
健一郎さん:
「ハイ」って(笑)。
結婚の報告にまわりの方は、なんておっしゃっていましたか?
理江さん:
交際期間が約半年で、わりと早かったので、皆おどろいていました。「きっかけは?」とか、質問攻めでした(笑)。

健一郎さん:
僕の家族は喜んでくれて「早く結婚式を挙げなさい」と、せかされました。
どんな家庭にしたいですか?
健一郎さん:
温かくて家に帰るとほっとする家庭にしたいです。

理江さん:
そう、2人で強力して温かい家庭を築きたいです。大変なことがあっても乗り越えられる強い絆をつくっていけたらいいなと思っています。
仲良くやっていくコツはなんでしょう?
健一郎さん:
お互いに思いやりをもつことだと思います。それから、まめに連絡を取ることも大事かな。

理江さん:
自分が相手に対して思っていることを正直に打ち明けること。ケンカしても想いが通じていれば、必ず仲直りできますし。
これから素敵な出会いを見つける皆さんにメッセージを!
理江さん:
私は結構長い期間サンマリエ会員でしたので、途中、何度もくじけそうになりました。でも、結果良ければすべて良し!自分に合った人に出会うためには根気も必要です。

健一郎さん:
何回失敗してもあきらめずに続けることです。頑張れば、いつかいい人にめぐり会えますよ。