成婚インタビュー

  1. HOME
  2. ご成婚インタビュー
  3. 仕事で遅く帰ってきても、笑顔で待っててくれます。

特別紹介状
久稔さん34歳

仕事で遅く帰ってきても、笑顔で待っててくれます。

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
純子さん(32歳)、交際期間は4か月です。
特別紹介状(IL)のお見合いで出会ったとか。第一印象は?
久稔さん:
目が大きくて、かわいらしい女性だな、と。

純子さん:
優しそうで、控え目で、おとなしそうな男性だな、と。
どちらも好印象だったんですね。初デートはいかがでしたか?
久稔さん:
夕方待ち合わせをして、そのあと喫茶店でお茶をして、居酒屋で食事を。私は人見知りする傾向があるので、お酒でも飲んでリラックスして話ができたらと思ったんです。

純子さん:
私はお酒が飲めないので、彼がニコニコ笑顔で気分良さそうにお酒を飲むのを見て『すごい飲むな~』と思ったけれど、とても話しやすかったし、一緒にいて心地よかったので、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

久稔さん:
話は盛り上がり、私はビール10杯以上飲んで、おたがい終電間際になってしまいました。

純子さん:
私は約1時間後だったんですが、彼はすぐの発車だったのにその電車に乗らず、私の乗る時間まで付き合ってくれました。翌日、仕事なのに。ホテルに泊まり、早朝、始発で仕事に。その時、『なんて優しい男性なんだろう』って感激しました。
そういう優しさに惹かれたんですね。他にはどんなところがお好きですか?
純子さん:
いつも私のことを考えてくれて、気を遣ってくれるんです。頼りがいがあって、私をリードしてくれるし、一緒にいて安心するし、自分が自然体でいられる…。全部好きです(照)。

久稔さん:
自分を思ってくれて、優しいところです。仕事で遅く帰ってきても笑顔で待っててくれるので、仕事の疲れが癒されます。
思い出に残るデートは?
純子さん:
彼と行ったところ全部が思い出の場所ですけれど、花火大会にはたくさん行きました。最初は相生ペーロン祭。すごく間近で見れたので、最高でした。

久稔さん:
2人で初めての花火大会だったので、いい思い出になりました。
結婚を意識されたのはいつですか?
久稔さん:
真剣に交際するために特別紹介状(IL)のストップを決めた時です。

純子さん:
お見合いをしてから約2週間経った頃でした。デートの帰りの電車の中で、「明日、特別紹介状(IL)のストップの電話をしようと思っている。真剣に交際してほしい」って言われたんです。その時、私は(私もストップせなあかんかな?→ストップしようかな?→結婚するんかな?→結婚したいな)と頭の中でとっさに自問自答してましたね。
気持ちはすぐに固まったんですね。では、プロポーズの言葉は?
久稔さん:
秘密。

純子さん:
(笑)…といっても奇をてらった言葉じゃないですよ。私の誕生日に、キレイな夜景の見えるビルでの食事を予約してくれて、そこで「結婚しようか」ってプロポーズしてくれました。感涙…もう号泣でした。
結婚の報告に、まわりの方は喜んでくださいましたか?
久稔さん:
急に友人に発表したので驚いてましたが、多くの友人や先輩から祝福されました。親は結婚を心配していたので本当に喜んでくれました。

純子さん:
私は普段から彼の話やうれしかったことなどは親に話していたので、とても喜んでくれました。友人は驚いてましたが、みんな祝福してくれました。
どんな家庭にしたいですか?
久稔さん:
何でも話せるオープンな家庭にしたいです。

純子さん:
彼が仕事から帰ってきた時、心から落ち着く家庭にしたいですね。お互いが助け合って、笑顔の絶えない温かい家庭、昔のチャーミーグリーンのCMのような…。サザエさんのような家庭も憧れです。
そのために心がけたいことは?
久稔さん:
初心を大切にしたいなと。相手の考えを尊重して、何でも話していきたいです。

純子さん:
ありのままの素直な気持ちでいること。相手に対する思いやりや真心、誠実さも大切だと思います。
これから素敵な出会いを見つける皆さんにメッセージを!
久稔さん:
毎日が楽しくて、いつも一緒にいたい気分です。焦らずに行動していたら、自分に合った人に出会えると思いますよ。

純子さん:
本当に毎日が楽しくて、ラブラブです。運命の人は必ずいます。悩んだり、不安になる時もあると思いますが、自信をもって諦めないで頑張ってください。こんなに大好きな彼と結婚できて、幸せです。スタッフのみなさん、ありがとうございました。