成婚ストーリー

  1. HOME
  2. ご成婚ストーリー
  3. 最初から「結婚するなら彼女!」と決めてました。

定期紹介状
祐司さん32歳

最初から「結婚するなら彼女!」と決めてました。

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
明恵さん(28歳)、交際期間は4か月です。
出会いのきっかけと第一印象を教えてください。
明恵さん:
定期紹介状(GIL)でお申し込みをもらって、イエスの返事を出しました。
はじめて会ったときの印象は?
明恵さん:
明るくて、気さくそうな人だなぁと思いました。あと、よくしゃべる人だなぁと。

祐司さん:
僕は優しそうという印象でした。それと、話をよく聞いてくれて、なんとなくいいなぁ~と。
お付き合いが始まって、デートは?
明恵さん:
1週間に1回ぐらい、夜ご飯を食べに行ったりとか。お休みが合わなかったので、メールが多かったです。

祐司さん:
ゴールデンウィークに、「御殿場のアウトレットに行こう」と誘いました。仕事で何回かいったことがあるし、遊園地に行くよりは面白いんじゃないかと思って。ドライブがてら行ったら、人でいっぱいでした!

明恵さん:
ええ、とても混んでいました。でもいろんなお店を見たり、楽しくて1日があっという間に過ぎた感じでした。ただ、お互いにまだ慣れていなかったので、少しギクシャクしていたかな。
お相手の好きなところは?
明恵さん:
おおざっぱなところ(笑)。私もおおざっぱなので、とても安心しています。

祐司さん:
彼女、何にでも一生懸命なんですよ。そんなところが好き。あと優しいところも。
思い出の場所は?
明恵さん:
江ノ島です。私が海が好きなので、海ほたるなどいろいろ連れて行ってもらったのですが、江ノ島がいちばんです。浜辺を歩きながら、いろんな話をしたんですね。それが、とても良かったんだと思います。

祐司さん:
結婚したら、こうしようか、ああしようかと話していました。
結婚を意識したきっかけは?
明恵さん:
きっかけ?なんだろう?いつからともなく自然に「私はこの人と結婚するんだろうなあ」と思っていました。

祐司さん:
僕は最初から、「彼女しかいない」と思っていた。そして、会っていくうちに、結婚への意識がどんどん高まってきて。
プロポーズの言葉は?
祐司さん:
ひみつです。

明恵さん:
「僕と結婚してください」と。会話の中でサラッと言ったので、聞き流しちゃうところでした。
ご両親やご友人の反応は?
祐司さん:
「とにかく良かったね」って。

明恵さん:
両親は喜んでくれました。出会ってから結婚までが早かったので、友達には驚かれましたが、みんな祝福してくれました。
どんな家庭にしたいですか?
祐司さん:
「世界でいちばんホッとできる空間は家だよ」と言えるような…。

明恵さん:
笑いの絶えない明るい家庭にしたいです。
上手くやっていくコツってありますか?
祐司さん:
無理しないこと。

明恵さん:
相手の長所をいっぱい見つけて、その長所をもっと深く知って好きになること。そうすれば、短所さえもかわいいと思えるのではないかと思います。

祐司さん:
去年の6月に、マンションローンの関係で入籍を。結婚生活は、2人とも仕事ももっていて忙しいけれど、一緒の時間をもてたときは、どこかに出かけたり、話を多くしたりしています。ささいなことでケンカもするけれど、子供を3人ぐらいつくって、いつまでも仲の良い家族でいたいです。

明恵さん:
住んでいるマンションが彼の実家のそばなのですが、お母さんにはかわいがってもらってます。彼は何も言わずに家事、掃除までやってくれます。彼といるとホッとしていられる。結婚して本当に良かった!
これから素敵な出会いを見つける皆さんにメッセージを!
明恵さん:
運命の人は絶対います!でも運命の人は、玄関まで迎えに来てはくれないので勇気を出して自分から行動してみてください。そうすれば、幸せな未来が必ずあるはずです。

祐司さん:
チャンスは絶対に見失わないでください!