恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.143 マッキーの恋アドバイスは、百万力!

夏に続いて、マッキー・槇原敬之さんが番組に遊びに来てくれました!
マッキー大家族の一員、フレンチブルのダイアナと一緒だったので、生放送もリラックス。
音楽からドッグライフまで、楽しい話がたくさん聴けました。
image
だいちゃんことダイアナと記念撮影。と思ったら、
 ワンちゃんの体が思いがけず柔らかくて、うまく抱けず大騒ぎ。
 思わず太ももで必死に支えてポーズ!


昔から、マッキーには、自分の恋の悩みを素直に言えるんです。
放送あと「去年から気になってる人がいるんだけど、それ以上にまったく発展しないんだあ〜」
とぼやいていると、すかさず「結婚してる人?」とつっこみが。
「それすら、聞く勇気無いの〜」と答えると、そんな消極的じゃダメだよと、
ビシッとダメだしされてしまいました。
自分の力で、一歩でも前に進んでいこうとしないのは、
マッキーは昔からダメっていう人なんですよね。

そう、新作アルバムのタイトルは「悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた」
悲喜一体、メッセージが詰まっています。
わたしが『Love was sleeping』で涙が出てきてしまって困った、
と感想をいうと、「でしょでしょ。さすがだね。」といたずらな笑顔のマッキー。

  自分が必要と気がつかないだけで 必要なものはたくさんある
  そんな大事な事に気づくときはいつも
  決まって愛が悲しみに変わるときだ   
  ―『Love was sleeping』より抜粋


このメッセージを導く世界が、全て自分の生活と重なってしまうのです。
聴く人によって、詩は受け取り方が違うから、
無限にそのイメージは広がっていくのでしょう。 
ぜひ、自分の生活に愛を見つけながら聴いてくださいね。


バックナンバー