恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.141 
モンチー声は疑われる!? 〜山崎まさよしニューアルバムに酔う〜

最近、職場で気になるのが<モンチー声>の女子です。
「おつかれさまですうっ」これだけでも可愛い。ややハイトーンで甘い語尾。
焦っている感じがなく、おっとり系。
合コン鉄板の<モテ女子>には欠かせないのが、しゃべり方→声のトーン!
産まれたままです的な、甘え系は、女子の大きな武器なのです。

音楽業界を見ても、確信。
J-pop界に君臨する元ジュディマリYUKIちゃんを筆頭に、シャカラビッツ・UKIちゃん、
そしていま、勢いピチピチのチャットモンチー!
エイジレスな魅力に欠かせないのは、声のトーンなのです。
YOUさんは、その極みみたいなお姉さんですよね(大ファンです)。
ただ、スターのみなさまには、
甘いなかにピリっと<Rock!!>な要素があること。
だから、男女境界線を越えて人気を手にしているのです。(素人には難しい・・・)

番組スタッフTちゃんの場合。
オトナっぽいビジュアルなのに、モンチー声だったので目立つのです。
「わたし、声変わりしなかったんぅぅぅ」という彼女。
昔からから「ハスキーでアナウンサーになれるの?」と言われ続けてきた私にとって、
ちょっと羨ましい感じなのです。
ところが。
男子の見方は意外なことに・・・疑っているんです。
「あれは、営業声。素になったら違うはず。」
「声帯は、みんな変わらないんだから、出し方だけ。作ってるでしょ。」
声の好みは関係ないようで、
女は場面を選んで、声色を変えられるから、騙されるな、という話なのです。
確かに。それまで怒っていた母親が、電話口に出た途端、
「もしもし?」とオクターブ上がる様を見たことあるもんね(笑)
Tちゃんの素はわかりませんが、男子に疑われるなんて、オトナの<モンチー声>も損ですね。
キャラクターと一致させて、上手に使いこなしたいものです。





さて、声色が魅力的なミュージシャン、山崎まさよしさんが、
久しぶり番組に来てくれました。(番組は11月8日放送です)
昔一緒に番組をやっていた頃から、「おぃこら。○○しなさいよ。」などと、
若旦那のようなしゃべり方が大好き。
関西と思えない柔らかさにユーモアが重なる、超モテ男だと思います!
カバーアルバム、洋、邦共に珠玉の選曲、一緒に歌っていたくなりますよ。
「素晴らしいアーティストの曲をカバーをするってことは、
聴いてみてください、というお持てなしのココロだと思う。」
と語ってくれた山崎さんに感激。
「HO」のラストは、わたしが一番好きな邦楽だったのですが、
オリジナルと同じような愛があって、何度聴いても涙が出てしまいます。


バックナンバー