恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.131  青春時代の恋人に再会するには、体力がいる! 束の間の青春リフレイン

女友達から、珍しくハイテンションなメールが届きました。
「元カレと、共通の友達を通じて会うことになった〜♪」というのです。
10年以上の時を経て、18歳ごろの初々しかった恋愛の相手と再会…

これは、かなりの時を越えたロマンスかも?
すかさず、ふたりとも独身だと確認したわたしは、
この人生の偶然を、ぜひロマンチックなものにしたいと思いました。
が、微妙に盛りあがり切れない様子。

そうなんです。
昔の恋人に再会するには体力がいるのです!!
それが1年ぶりなのか3年ぶりなのか、どちらが何をして、どうして別れたのか…など、
様々な愛憎パターンがあるので、難しい!
友達のよしみで、根掘り葉掘り聞いてみたところ…

再会した彼の第一声は 「ご無沙汰してます」だったそう。
痩せた彼は、パンキッシュなスタイルで登場。
外見は変わったけれど、話してみたら昔と変わらない部分も発見して、
なんか不思議な気持ちだったみたいです。
これっぽっちも、ロマンチックじゃない(汗)!
演出でもなんでも、フレンドリーなHUGがよかったなあ。
さらに。「若いころだったら、別れた彼女と会うなんてありえないけど、
こんだけ年をとったら、さすがに関係ないよな」とカラっといいつつも、
彼女を昔と同じように〈名前で呼び捨て〉は、できないとも…。
そんな小さなこだわりって、男子らしいですよね。
楽しそうな飲み会ショットを写メしてもらいましたが、
そこから、恋愛のドキドキは感じ取れず。

偶然に驚き、彼と再会するまでが、彼女の中では一番盛りあがっていたみたいです。
昔の自分を振り返りつつ、改めて新しい友達ができる。
それで十分。そう、束の間の青春リフレイン。
クラス会、結婚式、二次会などの機会で、偶然昔の彼に再会することになったら、
その日までの〈妄想&期待感〉を大いに楽しむのが、大人の恋愛術なのですね。


バックナンバー