恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.130  スヌーピー、スティッチ、今ならmiss Bunny!!“キャラ好き女子”のちょっとしたユーウツとは…

シャネルのダイバーズウォッチをしている友人から、
「その時計、超〜かわいい、どこで買ったの〜?」と言われ、焦りました。
それは、ディズニーキャラクター・missBunnyの時計。
去年の夏頃から、わたしの中でヒットしていて
気がついたら、便せん、タオル、ブランケット…

miss bunny

ここ最近は、いたずら好きなスティッチに夢中だったので、
突然、ピンクでラブリーな気持ちになったみたいです。
大人になって好きになるきっかけは、「映画」ありき。
ストーリーも含め、感情移入してしまうんですよね。

でも。
miss Bunnyは、違うんです。
バンビに出てくる、言うなればサブキャラ。
“とんすけのガールフレンド”ときいて、すぐにわかるひとは、結構少ないかもしれません…
「バンビは好きだけど、Bunnyってどんなキャラだったかな?」なんてところから
思い出していく感じが、“楽しみはあとから”みたいでいいのかも?

フラメンコ仲間の高校生が言うには
ジワジワと人気があがってるようで、アイテムも増えてきたみたいなんです。
駅ナカのステーショナリーや地元のスーパーで、
ボールペンやメモ帳なんかを見つけると、うれしくて、つい買ってしまうんです。
小さな幸せですね。

そんなわたしを“ガツン”とさせた言葉を発したのが、ミス・ユニバースの“森 理世”さんを、
デレクション&プロデュースした敏腕フランス人女性、イネス・リグロン。
見るからに、厳しそうな美人です。
日本でもてはやされる「可愛らしさ」よりも、
世界で評価される「健康美・知性・強さ」(日本でもこれらは大事ですけどねえ?)を求める
彼女のトレーニングや美の基準は、わたし的には、共感するかも…と思っていたのです。

が、しかし。
彼女が日本でおこなったいくつかのイベントで掲げられた、
“美の法則”みたいな話の中で、まるで、私への「ダメだし」みたいなものが…

<携帯などに、キャラクターをつけない>

ほかは、<品のある私服を着る>とか、
<顔をすっきり見せるには、髪のボリュームが大事>
<むやみに痩せるのでなく、適度な筋肉をつける>など、
普段わたしも言っている、わかりやすいものばかりなのに…。

なぜ、キャラクターはだめなのか!?
スヌーピーもディズニーも、大人は身につけてはいけないの?
子どものころから、キャララクターとともに育ったわたしは、
きっと一生卒業できないかもしれない。
結婚したら、旦那さんも巻き込んで、ディズニーランドではしゃいで、
閉園の時間まで、子どもと一緒におみやげを選んでるようなママになりそうです(汗)。

どんなものにも「可愛い〜」と思える感性って大事だな、と思うし、
無理にやめるものでもないとはわかっているのですが、男性からみたらどう感じるのかしら?
ああ、イネスとゆっくり話してみたいわ。
まずは、語学を勉強しなさい、とか言われそうですよね(笑)。



バックナンバー