恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.091  Baby用品にオーラあり!〜白いうさぎのルームシューズにひとめぼれ〜
 今回のわたしはちょっと弱気です。
というのも、あまりにも可愛くて<赤ちゃん用の靴>を買ったのですが、
親友に「ありえない〜っ」と引かれてしまったのです。
  その靴にめぐり合ったのは、お気に入りのエスニック雑貨店。
白いうさぎとピンクのぶたのルームシューズが、
二足並んで飾ってあって、つま先部分が顔になっているのです。
フェルト素材の、ほんとに小さい、数センチクラスのサイズ。
わたしは、かわいいぬいぐるみを見つけたように、ひとめぼれしてしまったのです!
 
  実は、昔テディベアが大好きで、ぬいぐるみがないと眠れないタイプだったのですが、
20代後半のある日「もう、ぬいぐるみは買わない!」と堅く決めてから、
今に至るまでこの誓いを守っているのです。

<白いうさぎ>は、わたしにとっては<雑貨>に分類されるのです。
だって、ほんとに生まれたての赤ちゃんが、これを履いて歩くことはないであろう、
と断言できるくらいに、非リアルなルーム・シューズだったんです。

ぜひ、見て欲しいので、写真を撮ってみましたよ!


 その話を親友にすると、
「インテリア雑貨として買うのか、いつか子供ができたら履かせたいな〜という夢を持って買うのか、
端から見たらわからないでしょ。それくらいBabyグッズってオーラをもってるよね。」
というのです。
確かに、友人の出産祝いに子供服売り場に行くと、

【関係者以外お断り!】的、空気があったりします。
わたしは、いつもサイズや素材選びでてんやわんや。
まわりのお客さんに助けられたこともあります。


  というわけで、今回ひとめぼれして購入した、Baby用ルームシューズを飾った部屋に、
遊びに来た人たちは、どう思うのか?
男女間の差はあるのか?果たして、引かれちゃうのか?
願わくば「うわぁ〜、これ可愛いね」と絶賛されたいなあ・・・。

コラムトップページ バックナンバー