恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.087  高校生ドラフトに思う、憧れの存在<長嶋一茂>先輩は遠く・・・
 秋の恒例、プロ野球の高校ドラフト会議。
中学時代、野球が大好きだったわたしは、休み時間に職員室のテレビで、
体育の先生とテレビ東京(だったような・・・)の中継を見た思い出がよみがえってきました。
様々な大人の思惑の中で、夢と現実の狭間に翻弄される制服姿の彼らを見ながら、
「『人生のサイコロ』は誰が振るんだろうな」って思いました。
実際、球団によっては<学歴>を重視するそうですし、
甲子園が青春の全て!なんて言ってられないんでしょうね。

 さて、そんな野球の話題がニュースに登場すると活躍するのが、GIANTS幹部の長嶋一茂さん。
40代と思えない若々しさで、ビックリしちゃいます。
TVでコメントしている長嶋一茂さんの姿を見ると、いつも大学時代が蘇ってくるんです(笑)
わたしが立教大学1年入学の時、一茂さんは4年生。
蔦の絡まるキャンパスで、常に注目のナイスガイ!
6大学のステージではどうも活躍できなかった一茂さんですが、
放送部の活動で、神宮球場に行くのが楽しみだったわたしは、
先輩の実況やスコア付けをお手伝いしつつ、しっかり応援してました。
そして皮肉なことに、彼が卒業してからの立教大学は、35年ぶりの6大学優勝を果たすんです・・・。
一茂さんがいないことは残念だったのですが、
OB・OGが池袋町中が集まったあの大興奮の優勝パレードは、
わたしにとって最高の思い出になりました!
 
 思えばわたしの大学ライフは、野球とアメ・フトをはじめとした<体育会>を中心に回っていました。
野球で神宮、アメフトで駒沢や大井競技場、自然と仲間もでき、
まさに「<ここ=体育会>に恋があるのだ」になってました。
当時は、マッチョな体育会男がモテまくり!
競技場に彼女が応援に来ていない選手がめずらしいくらい、彼らは華やかな存在でした〜。
アメフトも野球も卒業後、社会人リーグで活躍する人も多くて、
今も変わらずモテているとかいないとか・・・。

(ちなみに・・・。実は先日、卒業以来会っていなかった体育会メンズから、
突然の飲み会の誘いが来たのです!!
このコラムのためにも、頑張って参加してきました。
お役立ちエピソード盛りだくさんなので、今後の当コラムをお楽しみに!)


 学生時代、体育会にどっぷりつかっていながらも、
なぜか、一度も一茂先輩インタビューをする機会が無いままのわたし。
そんなわたしは、今でも一茂先輩を<遠い存在>として追っているみたいです。
ぜひ、キャンパスライフからこれからの巨人軍についてまで、
じっくりインタビューしてみたい!!と思っています。

コラムトップページ バックナンバー