恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.064 新・結婚の条件 〜趣味と恋愛の関係性〜
 プロ野球が開幕すると、松本家はにわかに忙しくなります。
むか〜し昔から所有している巨人戦のドームシートをめぐり、
シーズン前には家族会議が重ねられます。
それぞれのスケジュールを出し合いつつ、やんややんや決めるのですが、
今年はなんたって【愛しの原辰徳監督☆】ということで、私も母も鼻息が荒い荒い!!

 振り返れば、小学生の頃からお気に入りの遊び場は、後楽園。
休みの日、父が連れて行ってくれるのは、巨人戦か、後楽園のスケート場でした。
目印の黄色いビルには、アイススケート場やゲームセンターがあり、
私のワンダーランドでしたもの。

 だから(?)黄色いビルを目指して水道橋を渡るときは、
いくつになっても胸がわくわくするものです(^_^)v
プロ野球人気低迷だの、視聴率がとれないだの、現実シビアな問題もありますが、
何に変えてもスポーツは「生で観戦すべし!」ですよ。

 さて、巨人−横浜開幕戦は大いに盛り上がり、初戦と三戦目は巨人が勝ちました。
特に三戦目は1年目の福田投手が、初のヒーローインタビューでお立ち台に上がり、
「早く名前を覚えてもらえるように頑張ります!」なんて頬を赤らめてる笑顔を見ると、
スター軍団・巨人にもピュアな風がふいてる〜って感じで胸キュンでした。

 そんな野球好きの私が大人になってからは、ちょっと問題が。
肝心の恋愛では、野球好き&巨人好きが、障害になることも。
  
  たとえば・・・
・野球ファンの彼、巨人−横浜を観に行ってベイスターズの応援歌を一緒に歌わされた。
・野球に興味の無い彼、野球の話は一切せず、内緒でドームに行っていたわたし。
で、巨人ファンの男友達と観に行ったら、
試合後ドーム前で待ちかまえていた奥さんに疑われ、さんざんな目に。

 だから私は、恋人に求める条件に「趣味」欄があるなら、
<野球および、スポーツが好きな人>は絶対に絶対に譲れないです!!
例えば、私が好きな野球を一緒に楽しんでくれて、
相手が好きなサッカーやバスケを<観に連れて、行って解説してくれる>。
パートナー以外の人と内緒で出かけたりして、望まない展開になったりするのって、いやですよね。
 
  出会いの春。
気になる彼は、服の趣味より、OFFタイムの行動を重視すべし!
テニスか、ゴルフか、はたまたインドアか・・・。
わたしはバッティングセンターに誘ってくれる彼を探さなきゃ。



コラムトップページ バックナンバー