恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.060 シビックを見て、思い出がフラッシュバック!ホワイトデー、池袋のキャンパス。忘れられないプレゼント
 東京は、久〜しぶりにお出かけ日和の週末になりました。
犬たちを連れて車で目黒通りを走っていた時、
信号待ちで前に泊まった車が、HONDAのシビックだったんです。
  私の学生時代は、アコードやシビックのハッチバックなどのタウンカジュアル派と、
パジェロminiなどのアウトドア派がいて、
こだわりを持ってオシャレに車を楽しんでいる男の子は目立ってました。
なかには、親の高級車を乗り回す子や、走り屋一筋の子もいたけれど、
車はセンスが問われる大事なアイテムでした。
 
  授業のあとにどこに行くか、男子のデートプランは見せ所。
大学3年のある日のこと。
同級生のYちゃんを迎えに来た彼が、
入り切らないくらいのバラの花を、ハッチバックに詰め込んでいたのです!
  いつも話しかけにくい寡黙なタイプのKくんだったので、
彼女へのロマンティックな演出に、当時の私は
「みんなの前でそこまでやるの?!自分がされたら恥ずかしい。」
なんて思いましたが、今となっては頼んででもやってほしいわあ。

 当時私の彼は、どうだったかというと・・・
白のエチュードに乗っていて、同級生から「愛のエチュード」と、からかわれてました☆
マニュアルだったところが、かっこよかったな〜。
このコラムに<リアル>を求めて、
先日「ヴァレンタインのプレゼント覚えてる?」
と突然メール取材してしまったので、今回は私が覚えているのか?告白します。

 女の子は、<思い出の宝箱>を大事に持っているのですよ。
印象的だったのは、手作りの「箱と卵」。
卵って?ただ、発砲スチロールの卵にイラスト、紙の箱にイラスト、
アート作品ですね。どんな意味があったのか?わかりません(汗)
でも、大事に持っているんだからOKでしょ?



これが思い出のタマゴ!キッチンの片隅に。

コラムトップページ バックナンバー