恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.047 「うちのだんなは富裕層なのぅ〜」ヒルズに嫁いでいく友人の笑顔に乾杯!そして・・・
「○○ちゃんが、○○な人と結婚するんだってぇ!」
これは女子校族のお約束、目に見えない連絡網によって、
「寿話」はあっというまに駆けめぐるもの(汗)。
特に、サプライズ要素が高ければ高いほど、より盛り上がるから女って分かり易い。
(20代より30代半ばのほうが重要視される傾向あり)
巷では「富裕層」なる言葉がもてはやされ、
ヒルズあたりで開かれるゴージャス・パーティーが注目されるなか、
最近のヒットは、「○○ちゃん、ヒルズだって!」

 ちゃんと訳すと、
「○○ちゃんが、IT社長と結婚して、六本木ヒルズに住むんだって!」
となるのでしょうか。
結構今っぽくて、私的には楽しい報告でしたが、ふと気になったのです。

引越ってどんな感じなのかしら?

 ヒルズにふさわしくないと判断された、慣れ親しんだ家具や服は葬られ、
当然、パッキングも完全お任せパックなのかしら?
いやIT会社のおかかえ業者が行う可能性が強いかも〜。
実は無謀にも、この年末に引越を計画中の私。
何社か「見積もり無料」してもらった挙げ句、
ショップ経営の忙しいカップルから紹介してもらった「安くて親切な業者」に決定!
こんなことにエネルギーを使ったりしてます。
この喜びを共に分かち合える男性に出会えたら、
ヒルズでもお台場でも「愛に溢れるおうち」になるんだけどな〜。
○○ちゃんの旦那さまに、ヒルズで会える日はいつなのだろうか・・・。

 ※今回のコラムを読んでいただいた皆様へ※
 不安な事件ばかりが伝えられる師走ですが、
マンションやホテルをはじめとする、耐震強度偽装問題は本当に根深い問題です。
私の父は、姉歯氏と同職の一級建築士なもので、
尊敬していたパパの仕事なのになぜ?と大きなショックを受け、
ここ最近はあれこれ論議を繰り広げているんです。
下町出身の父は「個人住宅」を中心に細く長くやっている職人気質。
昔から<ご家族にとって一番幸せな家>をモットーに、
「技と人情」で仕事をさせてもらってるタイプ。
つまりは「儲けより、出会いと自分の作品はこれだ!」みたいな達成感に幸せを感じるタイプ。
なので一連の事件について、激怒激怒。
「姉歯君は、建築士として絶対に超えては行けない一線を超えた。考えられんな。」
と声を荒げてます。
涙を流して訴えている方の姿をニュースで見るたびに、
私も悔しくて、悲しい涙が溢れてくるんです!
どうぞ、苦境を乗り越えて、幸せな人生を取り戻してください。
微力ながら応援したいと思っています。

コラムトップページ バックナンバー