恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.043 ボジョレー解禁が待ちきれない!そんなアナタはイタリアの新酒で楽しいデートを
 今年のボージョレー・ヌーヴォー解禁まで、もうすぐですね。
雑誌の恒例特集などを横目で見ながら、私は一足先にイタリアのノヴェッロ(新酒)味わいましたよ!
お手軽プライスではずれ無し、イタリアのワインはデートにぜひお薦めしたいっ。
 東京メトロ・表参道から一分、青山の「ラ・ノッテ・ビアンカ」にて解禁の喜びに酔いしれました。

 食いしん坊の私は、オリーブオイルに、やわらかパンをひたして食べるのが大好きで、
ワインが進む進む!新酒の出来云々よりも、
大切な友人たちと気取り無く味わうワインは、最高に旨いですね。
この日いただいたメニューで「ああ、これは<家ワイン>でも楽しめるな」と思ったのが
【たっぷりきのこのグリル】!
国産舞茸やしめじをふんだんに使い、ザックリ大きく房分けして網焼きし、
黄色や赤の大きいお皿に盛りつけて、レモンをたっぷり搾る・・・。

 逆にお店でないとムリねと、うなったのはみんな大好き【ワタリガニのスパゲッティ】と
ネギの輪切りのような形で渦巻いている、ホワイトソースがからんだという珍しいパスタ。
あっという間に完食でした!(笑)
メインディッシュの前に、炭水化物を食べられるのは、フレンチには無い至福の喜びだったりします。
私のおすすめ「la notte bianca」は、
オーナー國分さんが音楽業界にめちゃくちゃ精通しているので、飲んで盛り上がってきたら、
ローリング・ストーンズの話で熱く語るのもありですよ。
※お店は、港区青山5−1−3青山ラ・ミアビル2Fです

 ワインは、どんなに高級でヴィンテージものだとしても、
いらないうんちくや自慢話を聞きながらでは、まずくなってしまうもの。
この日は友人の「ワインエキスパート合格お祝い」だったので、
私の宝もの「バルバレスコのなんと1968年モノ」を開栓したのです。
今年の誕生日に、友人夫婦からプレゼントされた逸品で、
ふつうだったら一生「飾っておくもの」なのですが、
私のなかでは、こういう時にこそ、みんなで飲めるって素敵だな〜って。
もったいないとか思わずに「思いっきり楽しむ」が信条の私。
2人にも同席してもらって一緒に空けたのですが、
味・色・香りは「すげ〜」って思ったけれど、
それ以上にシチュエーションに感動した私でした☆

私自身が試験に合格した際の告白を・・・。
99年ワインエキスパート試験に受かったあと、
必死に探したのが1968のムートン・ロートシルト。
えいや!のお買い物だったけれど、見つけたときは嬉しくて嬉しくて、迷いは無し!
赤坂のワインショップのオーナーもまる2年探してくれていたので、
嬉しそうに「見つかりましたよ」の連絡をくれたのを覚えてます。
(ちなみに、ワインといえば川島なお美さん。彼女の生まれ年ヴィンテージは、
なかなか見つからなくて。争奪戦だったのも懐かしいなあ)
私の家に大事に持ち帰った「1968」を眺めながら心に決めたんです。

 「自分の結婚式に、新しい家族みんなで空けるべし!!」

コラムトップページ バックナンバー