恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.033 「夏祭り」にはドラマあり。イケメン彼氏を握りまくる女の子の恋のゆくえは?
残暑厳しい日曜日、取材で代官山を散策しました。
午前11時過ぎ、スタッフと駅カフェで待ち合わせしていたのですが、
すこし早く着いた私は、駅回りの雑貨屋さんを覗きに。

ここ10年くらいで代官山アドレスを筆頭に、ずいぶんと綺麗な街になったので、
学生時代にデートコースで歩いた代官山の面影はほとんど無いのが残念。
あちこち歩いたのに、結局ハリウッド・ランチマーケットで、
友達カップルと<鉢合わせちゃう>のが、恥ずかしいような「公認」のような・・・
私は、渋谷から線路沿いをのんびり歩いて代官山に行くコースが一番好きでした。
途中の住宅街や劇団ひまわりあたりを見ながら、住みたいな〜と思ってました!!
・・・あなたは、どんなデートが好きですか・・・

さて、今年の夏、私は日本の夏・王道「夏祭り」を満喫しました。
まず、青森の「ねぶた」と「ねぷた」を満喫。
(この2つの違いを肌で感じちゃったことが、祭り好きに拍車をかけたかも)
次に父の地元、東京下町・門前仲町「富岡八幡宮」へ!
(通称「水掛祭り」と呼ばれ、御神輿に思いっ切り水をかけてかけて、かけまくり、
担ぎ手も、もんでもんで受けて立つ!この勇ましい姿は感動的です。)
今年は本祭りだったので、ものすごい人出で盛り上がってました。

そして、夏の終わりを惜しみつつ・・・シメはやっぱり「高円寺阿波踊り」。
地元の友人とチャリででかけてビックリ!
パル商店街の両脇を見物客が埋め尽くして、全く動けない状態で、
あちこちで、踊りやお囃子を盛り上げる歓声や拍手があがり、
例年以上に盛り上がっている感じでした。
う〜ん。東京の祭りもいいもんだ。
やっぱりデートは、花火より祭りだ!

そんな夏祭りで私が注目したのは、浴衣姿のカップルでした。
女子の浴衣は当然かわいい感じでしたが、
隣の男の子も「紺のゆかた」で決めていた時点で、他の派手派手カップルよりも目立っていたし、
「カップル親密度」も一歩リードして見えます。

私のすぐ目の前に陣取っていた2人は、
180センチと155センチくらいの身長差カップルで、
女の子が超頻繁にデジカメを撮ってるのですが、これがビックリ!
彼氏の右頬下あたりから、彼の顔のアップをずっとねらっているのです。
もうフレームいっぱいに彼の横顔でした。
背景に祭りの様子無し、彼だけ写ればいいの、みたいな(笑)。

彼は、名前を呼ばれても振り向かず、祭りに夢中。
そんな彼を必死に撮っている彼女の瞳はハート☆
「好き好き光線」をそんなに出しちゃって大丈夫かな〜と大きなお世話かもしれませんが、
二人の恋愛のバランスが気になってしまいました。
と、気になる彼の顔をさりげなく覗き込むと・・・
クールなオダギリ・ジョーっぽくて、ちょっと納得。
毎日でも写真撮りたいくらいのイケメンを彼氏に持ってしまったら、
気持ちのバランスをとるのって難しそうですね。
わたしなら、「好き好き」光線を隠そうとして、
「カメラが趣味なの」とかいいながら、ライカとか勉強しちゃって、
やっぱりかなり必死になるかもしれないなあ〜。いたたた。

夏祭りには「美」も「醜」もさまざまなドラマがあって、
恋愛も「せいやせいや」と大盛り上がりだったのではないでしょうか?
あなたの夏の恋報告お待ちしてます☆

コラムトップページ バックナンバー