恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.032 「日焼けサロン」か「としまえん」 今年のシメはどっち?
今年の夏、梅雨が明ける前に私は水着を買いました。正確には衝動買いしました。
ターコイズ・ブルーにブラウンのアクセントがセンス良くて、
「一目惚れ」したフランス<cacharel>のセパレート水着!
が、8月の後半に至り、まだ一度も水しぶきを上げることなく・・・
ああ、思えばあの夏が最後だったかもなあ。
毎年3月も後半にさしかかるととソワソワしてきて、
友達が店長だった新宿の日焼けサロンに通い、下地作りに励む、、、。
毎日仕事帰りのお楽しみでした。
そうすれば夏を迎える前に、ちゃんとココロと肌の準備ができていて安心でしょ。
タンクトップから出る二の腕や、キャミ・ワンピから露出する太股も、細く見えるし健康的!
ダイエットを真面目にやるよりも、アッパーな自分が好き☆でしたね。
夏のシメに「夏と言えば家族で!」の「としまえん」に行きたいです〜。

さて、そんな私の夏は、映画・ミュージカル・コンサートと様々なエンタメを
満喫!スペインのミュージシャンもたくさん来ていて、感涙の連続でしたよ。
映画では、韓国映画「大変な結婚」が、結婚したいあなたにおすすめですよ。

ラブ・ロマンスとホラーに注目が集まりがちな韓国ですが、
個人的にはホン・ジュノ監督「殺人の追憶」がこれまでの一押しで、
<恋愛はドラマでじっくり>がお気に入りでした。
ところが、「大変な結婚」は、期待を裏切ってはまりました!
主人公2人を中心に、愛すべきキャラクターがたくさん登場し、
テンポもよく楽しめるヒット作です。

  (女)ある朝、目が覚めたら見知らぬ男が横に。
  (男)いや、自分の部屋にいるこの女は誰なんだ?!
  信じられない偶然で一夜をともにした、2人でしたが、
  彼女は、マフィア一家の大事な末娘だったから、さあ大変!
  「責任とって娘婿になれ」と、極悪3兄弟とボスに脅される日々。
  2人は結婚するの?できるの?しちゃうの?

何と言っても主演女優キム・ジョンウンのくるくる変わる表情と、
チョン・ジュノのとまどいっぷりが、最高です。
こんな突飛なシチュエーションはありえないとしても、
結婚にまつわるドタバタや、両家をめぐるハプニング満載で、ほっとけない感じです。
田舎を仕切るマフィア・ファミリーの、豪快さと人情&たくらみ(これが笑いのポイント)が、
全編に散らばっていて、タイトルどおり「大〜変〜な結婚」ですよ!

もう一本も韓国。
98年の作品で、ハン・ソッキュ主演の「8月のクリスマス」です。
当時からかなり話題になり、長く愛されている名作です。
死が近いと悟ったハン・ソッキュ扮する主人公と、愛する人との時間。
セリフや説明が少なくて、言葉と言葉の間に気持ちを表すかのように、
季節が移って行くのが、とっても切ないのです。
時々手にとって見たくなる作品ではないでしょうか。
夏の終わり、愛するひとのことを想いながらぜひ見て欲しいです。

そう、そこに愛があるのだ・・・

コラムトップページ バックナンバー