恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.012 どっちもイイ!韓国ドラマの切ない愛、素敵な映画の前向きな恋
韓国のメジャードラマ「美しき日々」も佳境ですね!
今日はこのコラムを書いてから、ワインでも飲みつつじっくり見ようと思い、遊びに来ている母を待たせ録画しています。
イ・ビョンホンの笑顔と、チェ・ジウの清楚なウエディング姿を見ながら、「ああ、お願いだから、HAPPY ENDにして〜〜」と願うばかりですが、韓国ドラマだし、タイトルからしても・・・泣かせないでって感じです。
ちなみに私の母ヒロコさんは、「冬ソナ」からではないようで、深夜のテレビで見た、チャン・ドンゴンの男気に惚れた、と言っています。最近は「韓国ドラマから見る恋愛」について私と熱く語っています!!

中でも、超超お薦めは、チョ・インソン&ハ・ジウォン&ソ・ジソプ出演の「バリでの出来事」です☆
TBSテレビの深夜枠で、先日まで放送されていたのでかなり認知されましたが、まだまだ知る人ぞ知る<お宝作品>ですよ。
KNTVでは、再放映も決まりジワジワきています。
何にそんなにのめり込んだかというと、難しいですね。
素直に出演俳優のソ・ジソプ(貧しさから、真の愛を求めてはい上がる役)に、夢中になってしまったからです☆
と告白できるくらい登場人物に感情移入できちゃったんですよね。
ドラマの詳しい内容は省きますが、愛する人の気持ちが自分に無いとわかってしまった男性が、そっとささやくように「おまえを自由にしてやりたい、鳥のように・・・」と涙を流しながら言うのですが、もう何度見ても涙が出て来ちゃうんです。
「純愛」切ないじゃあないですか!!
別れた旦那や、妻の悪いとこばかり口にする人って、多いと思うんです。
それって想い出の廃墟を、人に見せているようなもので悪趣味。

じゃあ、そんな涙を流すくらいなら恋愛なんてしないほうがいい、傷つくのはイヤだから誰も本気で好きにならないっ。

なんて後ろ向きにならないために、素敵な映画を見つけました。
公開中の「エターナル・サンシャイン」。
恋の想い出を捨てた彼女と、捨てきれなかった彼のラブ・ストーリーです。
ジム・キャリーとケイト・ウィンスレットというビッグスターの競演なのに、身近に感じる{人肌感}がたまりません。
私は、週末の渋谷に一人でみにいったのですが、カップルが多くてビックリしました。
(熱いラブストーリーと思ったら大間違いなのに)
これはできれば、気心しれた女性同士とか、レディース・デーに一人でじっくり見るのが正解かと思います☆

ドラマや映画から感じ取るものって、大切ですよね。
主人公の一言や、行動を自分と重ねたり、反発したり・・・
リチャード・ギアさまとJ−roの「Shall We Dance?」で、スーザン・サランドン演じる妻が、夫のバースデーにバスローブを送る時に、「私は箱に入れたプレゼントが思い浮かばないの」とため息をつくところがあって、私的には胸がキュキュンと痛かったのです。
夫婦間の愛情って小さいところに、ボタンの掛け違いがあったりするのかなあ〜なんて。
歳を重ねしわも増えただろうに、
スクリーンのなかのギアさまは、マジで素敵でした。
バラの花が似合う中年って、、、私の周りにはいないですから!
映画やドラマ、小説などなど、お薦めの作品があったらぜひ教えて下さいね。

コラムトップページ バックナンバー