恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.011 今どき? 異例? 私の近くの「遠距離・婚」の実体。
ラジオの現場には、「現場」を愛するたくましい女性が増えています。
よく言われるように朝も夜も「おはようございま〜す」の放送局で、ディレクターを任されるには、<努力&根性>だけでは無理かも!と私は見ています。
知識人からアイドルまで〜様々な人が行き交う現場では、
{愛されるルックス}と{こびない性格}を持った{女ディレクター}が必要なのです☆
そして、そんな女性と番組を作ると私はとっても楽しいんですよね。

ところがっ。
そういう女の子は、忙しくてもしっかり恋愛もしている場合が多く、
「これからよっ」て時に「ワタシ結婚&退職します」という残念なこともしばしば。

そんな中、今私の番組を担当してる女性ディレクター・27歳☆が、
去年の秋結婚したのですが、
これがなかなか興味深い結婚を選んだので、ぜひ紹介したいのです!

現在・東京=福岡の「遠距離・婚」半年経過。
仕事も結婚も順調な彼女に「ぶっちゃけどうなのよ?!」と聞いてみたところ、
HAPPYな結婚生活の実体を教えてくれました。

なれそめをきいたところ、
東京で就職した彼と知り合った彼女は、お互い仕事も忙しいし、
結婚の時期を具体的に意識したことは全然無かったそうです。
ところが、福岡にいる彼のお父さんが体を壊して倒れてしまった事で、事態は急変!
彼は地元福岡に戻って仕事を継ぐことに、、、結婚して両親を安心させてあげたい。
と二人は考えて結婚を決めたのです。

結局、東京と福岡の「遠距離・婚」が始まったわけですが、
私から見る限りでは、炊事・洗濯に追われない<自由な結婚生活>みたいで、
新しい&かっこいいなあ〜なんてのんきに思っていました。
でも、よくよく聞けば、「遠距離婚を円滑にするための」の2人の約束が
あったんです。

       【月に一回は、お互いの実家に泊まりに行く!】

確かに、最近は2万円くらいで行けちゃうわけですし、
なにより<二人のお財布>からの出費ですから、新婚生活には
欠かせない出費ですよね☆
まあ、個人的な経験から言わせていただくと、、、
NYと東京ではお金もキモチもかなり難しかった〜〜ですね(残念)。
改めて「遠距離・婚」のいいところを探ってみると、
お互いにやりたいこと(仕事)が続けられること☆
とくに女性は、結婚を機に仕事をやめなくていいんですね。これは大きいかも。
そして毎日のメールで、細かくお互いの生活を報告しているそうで、
まるで恋人同士みたい☆☆☆
疲れて帰ってきて会話の無い夫婦よりも、健康的でいいんじゃない?

「まだ、半年ですから」
と謙虚に語る彼女は頑張り屋さんに間違いない。
2人の結婚生活から学ぶことはたくさんありそうで、
引き続きチェックさせていただきますよ!

コラムトップページ バックナンバー