2010年3月26日(金)

お相手は30歳年下

コラム

今朝TVで、「中井洽国家公安委員長兼拉致担当相が議員宿舎に女性を出入りさせているのはいかがなものか」というニュースが流れていました。

中井氏は「女性とは6年ぐらい付き合っている。掃除を週1回してもらっている。

規則では何も問題ない」と弁明。

確かに中井氏は独身で、不倫というわけではありません。

 

それでもスキャンダラスな感が否めないのは、

67歳というご自身の年齢、お相手が30歳年下の銀座のホステスさんであること。

さらに、国家公安委員長という職責にふさわしからぬガードの甘さがあるからでしょう。

 

25日発売の「週刊新潮」には、二人の路上キス写真のほかに、
中井氏の奥様は自殺だったらしく、十三回忌法要(享年49歳)で墓前に手を合わせる彼の様子が掲載されています。

 

67歳でこの元気さに「奥様の自殺の原因も女性関係が一員かしら?」とあきれるやら、
「こんな方が国家公安委員長で日本は大丈夫なの?」と情けないやら。

ひょっとすると「その年で現役でうらやましい!」と思った方もいらっしゃるかな? 

 

そう、この女性が中井氏と同年代のおばさんや素人さんだったら
これほどのニュースにはならなかったのかもしれませんね。

 

でも、職業もさることながら、

年齢や年齢差で人様の恋愛や結婚に水をさすのはいかがなものでしょ? 

 

高年齢や年齢差カップルが気になって、ちょっとネットで調べたら、

驚きのカップルがたくさん見つかりました。

 

・6人の妻との間に、45人の子どもをもうけた南アフリカの81歳男性が、22歳女性と結婚。年の差59歳。
・「世界一背の高い男性」とギネスに認定された中国・内モンゴル自治区のホウ・キジュンさん56歳が29歳の女性と結婚。女性は168センチに対し、ホウさんは236センチ。年の差は27歳。
・99年~04年までヤクルトや巨人で活躍したロベルト・ペタジーニ外野手の妻、オルガさんは25歳年上。オルガさんはペタジーニさんの友人の母親だった。
・ソマリアで112歳の男が17歳の少女と結婚。その年齢差、95歳。
・58歳の年の差結婚が話題を呼んサンパウロのカップル。新婚3週間で死別。亡くなったの82歳の新婦、脳内出血だった。

 

男女の関係は、実に奥が深いですね。

 

ところで、あなたは何歳差まで許容範囲ですか?
(三沢)

関連記事
2010年5月11日(火)
しぼむ中流層
コラム
2013年7月7日(日)
ダブルレインボーが現れました
コラム
2010年4月14日(水)
家族の絆は強かった!
コラム