婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 結婚相談所が婚前交渉を禁止する理由|トラブル例と結婚相談所選びのコツ

結婚相談所が婚前交渉を禁止する理由|トラブル例と結婚相談所選びのコツ

結婚相談所を利用して婚活したいと考えているものの、婚前交渉にまつわるトラブルやリスクが心配という人は少なくありません。婚活中の婚前交渉は体と心にダメージを与えるリスクが伴います。安心して婚活をして理想のパートナーとゴールインするためには、婚前交渉について理解を深め信頼できる結婚相談所を利用することがポイントです。

そこで今回は、結婚相談所選びのポイントとなる婚前交渉について詳しく解説します。

婚前交渉禁止を破ったらどうなるの?

婚前交渉が成婚とみなされるかどうか、またその場合どのような対応がとられるのかは婚活サービスによって異なります。婚活中に婚前交渉でトラブルになったという男女も少なくなく、結婚相談所ではトラブルの火種を作らないように婚前交渉禁止というルールを定めています。婚前交渉を禁止する目的は、会員同士のトラブルを防ぎ安心して活動できるシステムを整えるためです。

禁止されているにもかかわらず婚前交渉を行った場合、結婚相談所ではお互いに結婚の意思があると判断します。そのため、例え結婚という形にならなかったとしても定められた成婚料を支払って退会しなければいけません。パートナーとめぐり会うこともできずにお金だけ支払うことになれば本末転倒ですね。

本来、成婚料は結婚相手に出会って退会する際に支払うべきお金です。ルールを守ってパートナー探しをするためにも、婚前交渉に該当する行動をしっかり理解しておきましょう。

婚前交渉とみなされる4つの行動

婚前交渉は性交渉だけとは限りません。結婚相談所に入会する際に渡される会員規約に記載されている婚前交渉とみなされる行為や成婚定義について、しっかりチェックしておきましょう。

特に女性は、婚前交渉によるトラブルでリスクを負いやすいため熟読必須です。ちゃんとした結婚相談所であれば必ず記載されているので、結婚相談所選びの目安にすることができます。

性交渉

婚前交渉でイメージしやすいのが性交渉ではないでしょうか。体の相性も大事と考える男女もいるため、なかには婚活中に良い雰囲気になったら性交渉に進みたがる人もいます。しかし、結婚相談所が「男女の性交渉OK」と認めてしまったら、体目当ての会員が現れたりそれに伴うトラブルが起こったり、真剣にパートナー探しができない状態になりかねません。

宿泊

体の関係にならなかったとしても、宿泊した事実があれば婚前交渉に該当します。男女が一夜を共にすれば、性交渉があったと捉えられても不思議はありません。「何もなかった」では済まされないので注意が必要です。

宿泊を伴う旅行

宿泊がNGである以上、宿泊が伴う旅行がタブーなのも当然といえます。例えば、日帰りデートの予定が急遽泊りがけになってしまったという場合や、遠方まで足を延ばした旅行で日帰りは無理といったケースでも、理由はどうであれ婚前交渉とみなされることを理解しておきましょう。

同棲

一般的な恋愛から同棲を経て結婚する話は珍しくありません。しかし、結婚相談所を利用してパートナーを探す場合は同棲NGとなります。金銭面のトラブルも起こりやすいため要注意です。同棲することで相手の性格やライフスタイルをチェックできるというメリットがありますが、結婚相談所を利用するなら成婚・退会後に同棲をスタートさせましょう。

本当にあった婚前交渉トラブル例

婚前交渉によってどのようなトラブルが起こり得るのか、イメージしておくことが大切です。ここでは、30代の女性が婚前交渉でトラブルに合ったエピソードを紹介します。

結婚相談所でパートナー探しをしていた34歳の女性Aさんは、笑顔が素敵な自営業の男性Iさんと知り合い交際をスタートしました。デート中にキスをされそうになっても「婚前交渉NG」という規約を思い出してなんとかかわしていたのですが、ある日とうとう断り切れず性交渉を許してしまったそうです。Aさんは真剣交際だと思っていたので成婚となることを望んでいましたが、Iさんはその後すぐに他の女性と成婚退会してしまいました。

このエピソードから、AさんとIさんの気持ちにはズレがあったことがわかります。男性は体目的でAさんに近づいたとも考えられますし、他の女性と迷って性交渉によってパートナーを選んだとも捉えられますね。自分が真剣に交際しているつもりでも、婚前交渉後に関係が継続される保証はありません。Aさんのように突然男性からお断りがきて精神的にダメージを受ける可能性もあるでしょう。

信頼できる結婚相談所を選ぶ3つのポイント

婚前交渉の後で連絡が取れなくなるといったトラブルは、婚活アプリやデータマッチングで起こりがちです。簡単に退会できたり婚前交渉を禁止していなかったり、逃げ道があるサービスは少なくありません。利用方法が簡単な婚活方法は、そのぶん会員の安全性が確保できていないこともあります。

安心してパートナー探しをするためにも、信頼できる結婚相談所を選ぶことが大切です。婚活したいと考えている人は、下記の結婚相談所選びのポイントを参考にしてみましょう。

ルールがしっかりしている

入会しようと考えている結婚相談所は、成婚定義について会員規約にしっかり記載されているでしょうか。婚前交渉は成婚とみなされることを記載していない婚活サービスの場合、トラブルが起こっても泣き寝入りすることになりかねません。サービスを利用する際には、必ず会員規約を確認し安心して利用できるかどうか見極めましょう。

専任のカウンセラーの有無

専任のカウンセラーやアドバイザーが配置されている結婚相談所は、親身になって会員一人ひとりのサポートをしてくれます。自分から交際や結婚の意思を相手に確認できないという場合でも、カウンセラーやアドバイザーが間に入って真意を確認してくれるのが大きなメリットです。もし婚前交渉を迫られたとしても、相談相手がいることでトラブルを未然に防ぐこともできます。

会員に寄り添った対応

婚活に不安や迷いはつきものです。そんなときに会員に寄り添った対応をしてくれる結婚相談所なら、パートナーに出会うまで安心して活動することができます。交際中の相手にお断りしたいという場合も、アドバイザーやスタッフが上手く間に入ってくれるなど会員に寄り添った対応をしてくれる結婚相談所がおすすめです。利用規約がしっかりしていることはもちろん大切ですが、婚活は人と人とのつながりであるため、サポートしてくれる人との信頼関係も重視しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。婚前交渉のリスクは男女共にありますが、特に女性側のダメージは相当なものになります。雰囲気に流されることなく、ルールを守って安全に活動するようにしてくださいね。

無料個別カウンセリングのお申込みはこちら

関連記事

資料請求 来店予約