蓮香先生の「恋愛」クリニック
タイトル
 
素敵な男性予備軍の皆さん。今回のテーマは「kiss」です。
キスは男女の愛情表現の1つとして、とても大切な行為。
でも、男と女ではキスに対する価値観が随分違うみたいなの。
自分が思い描いているキスって、
女目線ではどう思われているのか…知りたくありませんか?
そこで、男と女のキス感の違いについて講議させていただくわね。

キス=接吻とは、人が互いに親愛の情を示す為に、
唇で相手の額や頬、唇などに触れる行為のこと。
昔の日本では、人前で愛情を表すキスは「恥」と考えられていて、
存在しなかったそうよ。
だから、日本の男性は、人前でのキスが苦手なのかしらね。
ある国際比較レポートによれば、世界の他の国に比べて、日本の男性はキスに自信がないと答えた人が多く、
また日本の女性は、日本の男性のキスはあまり上手じゃないと答えた人が多かったの。
あらら…、もっと日本の男性陣は、女性が喜ぶキスを知って、自信をつけなきゃいけませんね。

それでは、そんな皆さんに、まずはキスの役割からご説明しましょう。
キスの役割
 
●母と子の関係のように、絶対的な信頼感と安心感を覚えた時に生まれる行為
●キスは唇から脳に伝わる情報で、相手との相性を感じるコトができる。極めて本能的な行為


男性はキスというと、どうしても性的なイメージを抱きがち。
でもね、本来キスは、信頼や安心感を与え合い、お互いを知り合うためにする行為。
そして、唇の刺激は脳に直接伝わるから、キスすることで、相手の脳に刺激を伝えているのです。
つまりキスの快感は、そのまま脳の快感でもあり…なのよね。

さて、お次はキスに対する男女の価値観を比べてみるわよ。
男女のキスに対する価値観の違い
 
●男はキスに性的刺激を求める
→女はキスに精神的な感覚や心の愛を求める。
●キスをしている瞬間、男はセックスを考える
→女は長期的な関係を考える。
●男は舌を使ったキスを好む
→女は唇の触れ合いを好む。
●男女では脳の使い方が違う為、キスに対する快感が違う
→男は視覚重視なので、キスする女性の服装、髪型、ボディライン、唇等を見て興奮する。
  女は、五感全てでキスを感じる。

うーん、随分と男女では違いますよね〜。でも違いが分かっただけじゃぁ、どうにもならない?
…では、女性は一体どんなキスが好きで、どんなキスにシビれるのでしょう?

【無料診療】
あなたの心の奥底に秘めた「恋愛深層心理」を暴いてみませんか?
女性はどんなキスがお好き?
 
●五感に訴えるキス
→女性は、男性に比べて五感(嗅覚、視覚、聴覚、味覚、触覚)が鋭い
→BGM、キスする場所等を考えて、彼女達の五感に訴えるキスをしよう。

●シチュエーションを重視したキス
→女性にとっては、キス行為そのモノより、キスに至るプロセスが大事。
  日常に溶け込んだキスが好きなので、さりげなく帰り際や、挨拶的なキスをしよう。


あるアンケートによると、女性が感じるキスのポイントは、
愛情、 ムード、 テクニックの順だったそうです。
どうやら女性陣は、キスのテクより、愛情やムードが大切みたいね。
それならば…キスに自信がない男性諸君。
女性が喜ぶキスをしたかったら、「愛してる」って思いを込めてキスするべし…よ!
そうすれば、貴方の愛情は唇の刺激を通じて、相手の脳に伝わるでしょう。
舌よりも唇の触れ合いを意識すると、さらにgood。
女性とキス感を擦り合わせていくには、もっと脳で感じるキスをして下さいね!
蓮香先生からのワンポイントアドバイス
   
「日常に溶け込んだキスって?」
●お早う、いってらっしゃい、お帰りなさい、おやすみ等、
  日常の延長線上的なキスが◎。彼女達にとって、キスは愛の確認でもアリ。


「ディープキスってどうなの?」
●実は苦手な女性も少なくない。苦手な女性には、ソフトなキスで
  ちゃんと愛情を伝えてからディープキスへの展開が◎。
  相手に合わせられるキスが出来るコトが、本当のキス上手と言える。


女性陣にひとこと♪

「脳の仕組みの違いから、キス感が男女で違うのはしょうがない。もっと女性の方から『こんなキスが好き』とストレートに希望を言った方が◎。また女性からのキスは、男性的には大歓迎みたいよ」

蓮香
【蓮香(れんか)先生プロフィール】
ライター。デパート勤務、アパレル会社勤務後、ライター業に転職。「ザ.ベスト」KKベストセラーズ コラム連載。官能系小冊子執筆。
OZ magazine--「OZmini首都圏ブティックホテル厳選情報」ミニコラム執筆。OZ magazine--「LOVE講座」連載。
iモード、EZweb携帯サイト女性のキレイを応援する「スーパーボディ」で恋愛と性のお悩み相談 担当。
人に聞きにくい性関連の悩みを題材にしたコラムを主軸に活動中。
>>バックナンバーを読む


結婚パートナー紹介


発行元:サンマリエ株式会社 結婚情報サービス<サンマリエ>
50歳からの結婚<セレガ>
恋愛・結婚応援サイト<恋のビタミン>
「出会い」のチャンスの活かし方って?
出会いのチャンスの活かし方って?

このページ上に表示される内容、あるいはリンク先の記事内容はマイクロソフトの見解を反映するものではありません。

(c) SUNMARIE CORPORATION All Rights Reserved.