「婚活中のみなさまにメッセージ」いとうまい子さんスペシャルインタビュー

結婚相談所サンマリエ
婚活・結婚相談所TOP  > 婚活特集TOP > 婚活スペシャルインタビューVol.2-2
婚活インタビュー 結婚。実際はとっても温かくて優しい

婚活インタビュー せっかくのチャンスは逃さないで!婚活インタビュー 結婚。実際はとっても温かくて優しい

守田:ご結婚が決定されて一番最初に誰に知らせましたか?

いとう:最初は両親に報告しました。「籍入れる」って(笑)

守田:親御さんも、まい子さんが結婚したい気持ちがないことご存知でしたか?

いとう:知っていました(笑) 「へぇ〜」って言われました。「へぇ〜?そんな気になったんだ」って(笑)

守田:ご友人もとても喜んだのでは。仕事を通しての仲間やご友人の反応はいかがでしたか?

いとう:そうですね〜!同級生はすごく喜んでくれました。みんなも「本当に良かったね」って言ってくれましたね。この歳になって“結婚する”って言うと「いい歳してそんなこと止めれば良いのに」って思われるのではないかと感じていたんです。でも、そうじゃなくて、意外とみんな心から「おめでとう!」って言ってくれたので、「結婚って悪いもんじゃないんだな」って(笑)あんなにする気がなかった結婚は、してみたら実は良かったんですよ。本当に。親や親戚関係のこともすごく負担だったんです。親が増えて挨拶だとかいろいろなことが面倒くさいな……どうしよう、って。ところが、本当に温かくて優しくて……「あー、こんなふうに家族が増えるなら、もっと早く結婚しても良かったな」と思うくらいなのです。

守田:では、結婚観が以前と大きく変わったのですね。

いとう:変わりましたね。彼は何度もご家族と下打ち合わせしていたらしくて、「会った時には間違ってもこんなこと言っちゃいけないよ」とか、「まいちゃんに負担をかけたくないからこういう態度はだめだよ」、とか言ってくれたみたいなのです。それは彼の努力の賜物ですね。

守田:お相手がそこまでしてくださるだなんて、本当に幸せですね。お相手の努力とそれまでのまい子さんの教育がこのような幸せをつくったのですね。結婚する前と後で、考え方が180度変化したようなのですが、他に生活の部分などで変化したことはありますか?

いとう:例えば、何日か家をあけて帰宅したら埃が溜まっていますよね。私は今までずっと親と一緒だったので、何もしなくても当たり前のように生活が成り立っていたことを実感しています。「あんなにお掃除をしっかりしてくれていたんだな」って、以前は当然と思って気付かなかったことがやっぱり親元を離れてみて初めて解ったっていうか。お掃除に関して言うと、彼はサラリーマンだから毎日会社に行かなくちゃいけない。一方私は不規則ではあるけれど、ふたりで快適に暮らすためには私がやることが一番良い。それを“私がやらなくちゃいけないのか”と思ったら負担になるし辛くなると思うのですが、「やってあげたいな」と思うのです。以前は「私の時間を割いて人のために何かをするだなんて考えられない」と思っていたのに、自分がすごく変わりましたね。

守田:ご結婚されてすごく気持ちが柔らかくなったのでしょうか。

いとう:そうですね、すごくほぐれましたね。あんなに頑なだったのがどんどん変わってきたのが自分の中でも感じます。

婚活インタビュー いつでも婚期。婚活を始めるのは何歳でも遅くない

婚活インタビュー いつでも婚期。婚活を始めるのは何歳でも遅くない婚活インタビュー いつでも婚期。婚活を始めるのは何歳でも遅くない

守田:まい子さんのご結婚は「アラフォー」と「婚活」という言葉がちょうど流行った時期でもあり、アラフォー結婚と一部で言われたりもしましたが、どんな風に感じましたか?

いとう:私はたまたま結婚したのが今で、“44歳だから”とか“45歳だから”とかそういうことは気にしていなかったですね。本当にご縁があって、その話しがまとまった時が婚期だと思うので、アラフォーでも、アラサーでも、アラカンでもいつでも婚期だし、“結婚したいな”って思う気持ちがあれば婚活を始めるのは何歳でも遅くないと思いますね。自由にフレキシブルにして良いのでは?と思っていたので、私自身44歳までがアラフォーなんだって聞いてびっくりしたんですよ(笑)「えー!じゃあ45歳になったらどうなるんですか?」って聞いたら、「アラフィフだよ」って言われて。世間はそんな風に見ているんだなと思って驚きましたね。驚いたけれど、そんなことに囚われちゃいけないなと思いました。

守田:それぞれに婚期が違うということですね。

いとう:そうそう!だって視野が狭くなると思うんです。「アラフォーが終わっちゃう!」とか思っていたら。

婚活インタビュー 男性はハンター。好きになったら女性を射止めて!

婚活インタビュー 男性はハンター。好きになったら女性を射止めて!婚活インタビュー 男性はハンター。好きになったら女性を射止めて!

守田:最近、草食系男子という言葉があって、“なかなか女性を誘えない”とか“女性に告白できない”“自分からプロポーズができない”という男性が多くなっているようなのですが、このように弱気になっている男性にメッセージをお願いします。

いとう:男性は生まれながら……いえ、DNAで遥か昔から脈々と受け継がれたのが“ハンター”という血なんですよ。だから、「好き」って言ってもらって結婚するよりも、自分が好きになった人を射止めましょう! と強く思います。自分から“好き”と思える人と巡り合うために頑張ってください。もしかしたら、肉食系女子に積極的にアピールされると断りきれなくて……ということもあるかと思いますが、男性は元々ハンターですので、後で冷めてしまうかもしれません。だから男性としては自分から好きになった人とのほうが続くし幸せだと思う。だから、自分が「この人!」と思える女性を見つけたら勇気を出して自分からアピールしましょう。あと、価値観などを女性に押し付けることはしないほうが良いと思います。人には様々な感性があるので、自分の考えを押し付けるのではなく折り合いをつけていくこと。といっても相手のことを受け入れ過ぎてしまうのは要注意です。草食系で弱気になりがちなのは分かりますが、一生のことがかかっているし、人生の中で1度や2度頑張ったっていいじゃないですか。

守田:逆に女性は“男性から誘って欲しい”とか“プロポーズはやっぱり男性からよね”“ちゃんと告白もできない男性なんて”などというように、まだまだ男性にリードして欲しいようです。そこでなんとなくねじれ現象が起こっているように感じるのですが、この時代におかれている女性へメッセージをお願いします。

いとう:私はねじれ現象の代表かもしれませんね(笑)あんまり「こうだ」っていうことを決め過ぎないのもひとつでは。相手に言われたほうが嬉しいし、「言われたい」っていう願望はあると思います。でも、それだけが幸せではないかも。私も自分から言って幸せになっているので。どうします? 好きでもない人からプロポーズされたら(笑)

守田:うーん。やはり気になる人や好きな人から言われないと意味がないというか、嫌かもしれません。

いとう:でしょう? そこは先ほどお話しした教育だと思います。自分が「この人と一緒にいたい」って思ったら、その人に告白やプロポーズしてもらえるように、日々なんとなく遠まわしに教育したり、いつか言ってもらえるように誘導していくこともひとつの方法では。でもね、そんなに型にはまって考えなくても、幸せが来る時期は縁があれば必ず良いタイミングが来るものだと思いますよ。

婚活インタビュー 縁とタイミングは条件では決められない

婚活インタビュー 縁とタイミングは条件では決められない婚活インタビュー 縁とタイミングは条件では決められない

守田:そうですね、ご縁とタイミングですね。

いとう:そう。私は元々年下の男性は対象外だったんですよ。年下は
頼りないと思っていたし、男性だったら年上が良いし、収入はこの位が良いな、と条件があったんですよ。でも、ご縁ってそんなことじゃ決められない。それが私の印象ですね。だから5歳も年下になっちゃった。チャンスを逃さず、まずいろいろな人と会うことで世界が広がり、ご縁が見つかるのではないでしょうか。

守田:いろいろな方と会いながらチャンスを活かせるよう、サンマリエはイベントも充実しています。車内で席替えをしながらパーティを楽んでいただけるバスツアーや夏ならビール&ティーパーティなど、出会いのステージを数多く用意していますので、積極的に利用していただきたいですね。男女とも、最初は条件をとても重要視されていても、毎月のご紹介やイベントを通じてたくさんの方とお会いするうちに考え方が変わり、“好きになった人が好みのタイプ”と変化される会員様も多いです。

いとう:縁はどこにあるかわかりませんものね。結婚してみて思うのは、結婚が楽しくなるかならないかは自分次第。相手の人に幸せにしてもらうものではないと思います。彼から「必ず幸せにするよ」なんて言われたいと思うなら考え方を少し違う角度にしてみて。 “自分がどう感じるか”が最も大事だと思うので、「相手に幸せにしてもらおう」と思って相手を探すのではなく、「自分がこの人といられて幸せだな」って思える人と出会えるように自分らしさと自分を磨いて出会いを求めてもらえたらいいな、と思います。

守田:婚活する皆さまに心強いメッセージをありがとうございます。

いとう:幸せって自身の考え方次第なんですよね。例えば、すごく優しくてお金も持っていてハンサムな彼が外でモテモテの場合、そのことを日々ものすごく悩んで心労で苦痛を感じていたら幸せじゃないですよね。でもちょっと考え方を変えて「外でモテモテの素敵な旦那さんで良かったな」と思えると幸せですよね。

守田:ちょっとした発想の転換ですね。まい子さんが実感されている幸せが会員様に起こりますように、サンマリエは皆さまの婚活に対するサポートの精度を上げていきたいと思っています。これからどんな結婚生活を築いていきたいですか?

いとう:生涯結婚したくない位でしたが、してみたら本当に「幸せ」を実感することが沢山あります。自分がどう暮らしたいかを彼にずっと遠まわしに伝えていたことも良かったのかな、と思っています。彼は今までの付き合いの中ではずっと亭主関白的な暮らしをしていたみたいなのです。今は亭主関白ではありませんが、男性にとっては自分を立ててもらえると嬉しいし、そうした方が夫婦関係も円滑にいくと思うので、彼を立てていきたいなと思っています。

守田:結婚を考える皆さんの大きな力になるアドバイスや貴重なお話をありがとうございました。末永くお幸せに、そしてますますのご活躍を応援しています。

 
婚活インタビュー戻る婚活インタビュー

結婚の必要性を感じず、生涯独身でいたいとさえ思っていた心を180度変化させる不思議な力が結婚にはあるようですね。皆さまがそれぞれの婚期で最良のお相手とご成婚されますように……。次回の婚活特集もお楽しみに。

お得なキャンペーン&イベント情報

入会金0円の婚活プラン 60代からのパートナー探し 詳しい内容はこちら

60歳以上向けプラン Selega

経験を重ねてきた今だからこそ、出逢える人がいます。60代からの幸せ探しはSelega
Selegaの詳細

サンマリエアスリートクラブ

サンマリエアスリートクラブ

サンマリエは日本を代表する女性プロサーファー大村奈央選手、金子藍選手を応援します。
サンマリエアスリートクラブの詳細

お見合いパーティ&イベント体験情報

サンマリエのイベントを体験しませんか?

「サンマリエでお見合いパーティーやイベントを体験したい」という結婚を考えている方に向けて、パーティーやイベントを随時開催しています。
お見合いパーティー&イベント情報の詳細

婚活・結婚の専門家による 無料婚活応援セミナー

結婚・婚活の専門家による無料セミナー

サンマリエの各サロンでは、さまざまなテーマで婚活セミナーを開催しています。結婚へのはじめの一歩を踏み出してください。
詳細はこちら

出張個別カウンセリング開催のお知らせ

出張カウンセリング開催のお知らせ

サンマリエのスタッフが出張による個別相談会を開催! 出逢いと結婚の専門家が、無料で相談をお受けします。
スケジュールの詳細はこちら

現役モデルによるトータルコーディネート

洋服も髪型もさらにブラッシュアップ!

現役モデルがあなたに合う洋服や髪型を総合的にコーディネート。内面も外見もさらに洗練され、より充実した活動と出逢いを応援いたします。
トータルコーディネートの詳細はこちら

親御様向け無料説明会実施中

ご子息・ご令嬢の豊かな人生を応援

ご子息・ご令嬢の幸せな結婚を願う親御様へ。サンマリエでは無料説明会を実施しています。
親御様向け無料説明会の詳細

企業研修・各種セミナー

企業研修・各種セミナーを開催

結婚・婚活事情をはじめ、企業組織力アップの研修・各種セミナーのご依頼を承っております。
企業研修・各種セミナーの詳細

  • サンマリエ会員様統計
  • スタッフブログ
  • サンマリエFacebook
  • サンマリエtwitter
  • サンマリエイメージソング

安心の会員活動で、確かな幸せを

個人情報保護プログラム
ライセンス取得

あなたの個人情報は
SSL暗号化技術によって
守られています

 
婚活・結婚相談所TOP  > 婚活特集TOP > 婚活スペシャルインタビューVol.2-2
Copyright sunmarie all rights reserved.