松本ともこのそこに恋があるのだ

松本ともこプロフィール
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。
立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。
現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、
TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!

vol.163
ROBERTA FLACKを聴いてみることにした・・・

家に帰ってくると、ほっとする。
愛犬がわんわんはしゃぐ姿を見ながら、
パソコンに向かってなんとなく作業を始めるのが小さな幸せです。

普段は、夕飯時までのひとときは、
好きな音楽をボリューム<大>で聴きます。
これが、とても大事な時間なのです。

仕事の選曲でもない、
聴くのはわたしと犬たち(ほんとに聴いてますよ)。

そんな<自分のための選曲>は侮れないんですね。
その日、自分が手にとる音楽は、
ずばり精神状態を映しているわけです。

大好きなアーティストでも、今は違う!
と明らかにこころが否定しているときもあるし、
忘れかけていた一枚が聴きたくなって、
ファウンテンズオブウェインを必死に探す日も。

新しいイベントの企画を練ったり、
わたしがインタビュアーをつとめている
『DOGBlessyou!』の撮影イメージを考えるときなどは、
ゆっくり彼女の曲を聴くことにしています。

ROBERTA FLACK

先日来日した際に、ビルボード東京での
コンサートに旧友3人と行きました。

グランドピアノの前で、冗談まじりに自分の名曲を紹介しつつ、
バンド仲間と楽しそうに歌う姿は、
彼女の年齢をまったく忘れてしまうほどチャーミングでした。

そして、わたしはイントロが流れた瞬間に、
鼻の奥がじーんと痛くなりました。

1972年の春のナンバーで、わたしは「やさしく歌って」が
ヒットしてから遡ってこの美しいバラードを知りました。

繊細なメロディに静かに聞こえてくる彼女の歌声。
陳腐な言い方ですが癒されます。

お酒が飲める歳になってからは、
池袋のとあるbarにこの曲が入っているアルバムを預けて、
大小ことあるごとにこの曲を聴きながら、
ゆっくり自分と向き合ってました。


「THE VERY BEST OF ROBERTA FLACK」より引用 :

初めてあなたの顔を見たとき
あなたの瞳の中に 太陽が昇ったように思った
そして月と星たちはあなたからの贈り物
暗くて果てしなく続く空に、愛しい人

恋愛、人生、さまざまな岐路に立たされたとき、
こころの傍らにぜひ音楽を・・・

バックナンバー