恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.154 今年のバレンタインは、あべんちゅりんに願いを。mappieお薦めチョコは、BABBIとWONKA


去年末に近所で見つけた、石のブレスレットが気に入っています。
緑色の石、名前は「あべんちゅりん」。
平仮名だと御利益なさそうですが「アベンチュリン」はクリスタルの仲間で
<光りが当たるとキラキラと輝くとのこと。持ち主の心を明るくさせ、
輝かしい人生を与えてくれる・・・>
と書いてありますが、どんなに輝くのかはそんなに気にならず。
自分の好きな「色」か、キモチにぴたりとくるかの直感でしかないんです。
わたしは、石や占いに熱心な人間ではないのですが(鏡リュウジさんの占星術は
大好きです☆)

色は、深すぎない草餅のような緑。
高級な翡翠よりも、エメラルドグリーンです。
友人から「可愛いから欲しいな」と言われ調べてみると(開運ナビ)、

:::インド翡翠 Aventurine Qrartz
主要産地がインド。その美しい緑色から翡翠の代用とされたため、俗に
「インド翡翠」とも呼ばれました。
翡翠よりはずっと安価ですが、ヒーリングのパワーは負けず劣らず優れています。

そう、美しいからいいんです。
左の手首につけた時に嬉しい感じ?翡翠ほど深くないから、
シルバーやゴールドの時計やブレスレットとも馴染むんです。
いずれも「幸運、新たな始まり」の意味合いを持つようなので、身につけていて
問題ないみたいです。
わたしのように、気になる人に自分からアプローチしたり、ましてや告白するなんてあり得ない〜
というひとは、アベンチュリンの力を借りて恋のチャレンジをしましょうね!

チョコレートは年々豊富になっていて、ヨーロッパ珠玉のショコラティエが
しのぎを削っていますよね。
まだ今週ならゆったり落ち着いて見られて心地よいですよね。
渋谷のパルコではBABBI>の、バレンタイン限定パッケージを小さいスペースで展開していて、
早耳カップルで賑わっていましたよ。
ハート型のケースで、ピンクやアニマル柄は自分に買いたいくらい。
イタリアのBABBIは、なんといってもさくさくウエハースとのバランスが最高に美味なんです。
甘い物を普段食べない男性にも、懐かしいウエハースの食感はおすすめします。


渋谷のLOFTはさすが、祝!バレンタインの世界。ショッキングピンクの紙袋に気分高揚ですね。
思わず、いろんな男性にプレゼントしたくなっちゃいます(笑)。
オフィスで複数に用意する人には、ジョニーデップの「チャーリーとチョコレート工場」板チョコ。
あのWONKAのごつい板チョコです。
12個入りを箱で買うと(6000円くらい)デスクにどーんと置けば迫力ありますよ。
映画同様、<ゴールデンチケット>が入っているとお楽しみがある!というのも、
アフターバレンタインになって盛りあがると思います。


バックナンバー