恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.146 ただ恋するだけじゃだめなの?〜恋愛にプラスしたいもの

恋人がいなくても気にならない、という女性が
わたしの同世代に増えているんです。
10代20代の恋愛経験値が高い人にかぎって、
「さんざん遊んだからもういいの」とか「全然出会いが無いのよ」など、
勝手に恋愛休止宣言しちゃいがち。
仕事も趣味も美容も手を抜いているわけでなく、
充実の大人っぷりを発揮しているのに、
恋愛だけが抜け落ちてしまうなんて、もったいないなあ…。
いろんな話をしていくうちに、ちょっとずつ見えてきました。
ただ恋愛してても自分が飽きちゃう。
恋愛に不可価値がないと不安。
自分も一緒に成長したい。
相手を尊敬できないと、すぐに飽きちゃう。

恋のトキメキだけでは、不安になってしまうのが大人の女の悲しい本音!
ならば、プラスになる共通の楽しみから、恋愛を育てていくのがおすすめです。
まず、自分の趣味・嗜好を手帳に書き出してみては?
わたしの場合、音楽、映画、犬、ダンス、ワイン、写真、クルマ…
書き出していくと好きなものはたくさんあるので、
ここから枝が広がっていく中で出会う男性は、きっと同じシンパシーが!?
その先は慎重になりすぎず、恋愛に発展してもいいよ?
ってくらい、積極的に楽しんでしまえばいいのです。
わたし自身はどうだろう…?
クルマをキーワードに出会ったもののアッという間に崩壊したことも多々ありますが、
1年以上引きずらないことに決めてます(笑)。

ここ数年は、「写真」をキーワードに、素敵な人との出会いを大切にしています。
スポーツ選手と一緒で、男女問わず、カメラマンさんは現場の姿が超かっこいいんですよね。
<ときめき>を楽しめる大人に恋愛休止なんてないはず。

イメージ
RAG FAIRのおっくんと「写真」について対談しました。わたしの愛犬ピノと記念ショット。
 この日の高野カメラマンは穏やかにシャッターを切る方でした。(詳しくは雑誌「アスキー」で)



バックナンバー