恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.083  秋、あなたは誰のために髪を切りますか? 新しい季節に向かって、イメージチェンジ
> width=
 「髪を切りましたあ!」
声を大にして報告しないと落ち着かないのが、女ゴコロかもしれません。
ざっと20センチくらい・・・。胸下だったのが、今はあごぐらいです。
実はどれくらい切ったらいいのか、毎日雑誌を眺めて悩んでたのです。
最終的には、心中よーくわかってくれている、ヘアメイクのLISAさんにお任せでしたが、
ロン毛の男子が、スキンヘッドにするキモチがちょっとわかったりして。

5年前までは、女子高生<三種の神器>と言われた、
「つけ毛・つけ爪・つけ睫毛」を欠かさなかったわたし(笑)
フラメンコを始めてから、徐々にナチュラルに戻っていったのですが、
髪の毛は、踊り手として必要な長さを目指し、大事大事に頑張って伸ばしていたのです。


さて週明け、現場のスタッフの反応は・・・。
7人の男性に囲まれて「おはようございます」「お疲れ様です〜」
なんて会話が宙を舞うだけで、わたしの髪型にふれる人は皆無。
たぶん、ドレッドとかスパイラルにしても気づかれないと思います。


でもこの前、メイクをちょっと変えたときは、
「なんかいつもと違いますね」「濃いですね」と興味を持たれたりしてビックリ。
髪型でも、メイクでも、
気になるのは「それって褒め言葉なの?」ってこと。
男子は、ぜひちょっとした【ひとこと】に気をつかってほしいわ。


ここで、学ぶべき点は一つ。
もしある程度の人数が集まる職場(オフィスなど)で、好きな男性にアピールしたいならば、
「髪型よりもメイク!とくに下マスカラとチークには気合いを入れよう!」ですね。
そして
「誰のために髪切ったの?」と聞かれたら、思わず「自分のため!」と答えそう。
片思いのひとに好かれようと、切ったり伸ばしたり、あれこれ頑張った自分が懐かしい。
いつでも愛する人のために、自分らしいヘアスタイルやファッションスタイルを、探し続ける大人でいたいです。

 




コラムトップページ バックナンバー