恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.044 私の愛犬がガヴィとピノがついに結婚か!どこに愛があるの〜〜
「私の愛犬ピノが女の子になりました・・・」
と言っても犬を飼っていないと<なんのこと?>っという感じですよね。
犬業界的には、繁殖可能な「シーズンが来た!」ということなんです。
ガヴィ♂を飼ってまる5年、お嫁さんにするぞと思って、ピノ♀を飼って早二年半。
ほぼ半年に一度、このタイミングがやってくるのですが、
これが毎回大イベントなんです!

 どんなしつけをも通用しないのが「本能」。
1日24時間、休む間もなく「マンションの中心で愛を叫ぶ」のですから、
もうお隣さん、ご近所さんごめんなさい〜という感じです。
追いかけ回されるピノを、施錠したハウスに避難させるも、
モンスターのように外から攻撃するので、ピノも私も一睡もできない夜が2日3日続きました。

 目の下にクマを作りながら、ついに私は白旗を上げ、友人に助けを求めました。
杉並区方南町にあるアジアン雑貨&DOG店で、とても忙しくしている人気トリマー、
通称maumauのもとに駆け込んで、ピノを一日お泊まり保育させてもらうことに。
次の日の朝いちばんで、迎えに行ってみるとmaumauの愛犬バカボンと、
秋の朝日を背に受けながら、とことこ歩くピノ。
ああ、可愛い☆寝不足解消で元気いっぱいに!
彼女の家族にも優しくしてもらい、満足だったらしいのです。

 次の夜。そろそろいい感じになったのかしら?と期待しつつ仕事から戻ってみると、目がテンに・・・。
猛獣と化したガヴィは、もう手に負えない状態になり、
私の洋服に穴を空けるは、手作りのカラーBOXを壊すは、
手の届かないピノへのうっぷんを人と物に当たっていたのです。
 まだまだ、掛け合わせては危険な日だったので、
その日はプロのトレーナーをしている友人のもとへ、ピノを非難させることに・・・。
 シュナウザーが3匹出迎えてくれて、またまたお泊まり保育となりました。

友人に支えられ、ついに掛け合わせOKの超候補日がやってきました。
ところが・・・
モンスターと化していたガヴィが、急におとなしくなってしまったのです。
なぜなぜなぜ???昨日までの苦悩はなんだったの?
これは私にはわからない、犬同士の愛情の問題のようです。

 TOKYO−FMの局アナ時代に、
私も犬たちも可愛がってもらっていた上司から、
「子供ができたら絶対家で引き取りたい」というお願いを受けていたので、
今回こそ究極に可愛い子犬を!と意気込んでいたのに・・・。
一気に気が抜けました。

壊された棚を横目で見るガヴィは「なんのこと?」という顔をしてるので、
よけいに空しい感じです。
「本能でやってしまうことは、どんなにしつけていても無駄。
厳しく叱るのはかわいそう」
というトレーナーの声を忘れないように私は、肩を震わせたのでした。

 まあ、よく考えてみれば、可愛い可愛い子犬は貴重なものだからこそ、
ペットショップで、高額な値段はつけられるのでしょうね。
今、私の足もとで「膝に乗せて〜」とねだるガヴィは、なんともあどけないペット顔。
ああ、またいつもの生活に戻ったんだ〜と実感してる私です。

ps:今発売中の雑誌「sabra」の犬占いのページに、
私とガヴィ&ピノも登場しているので、ぜひチェックしてくださいませ☆☆☆

コラムトップページ バックナンバー