恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.041 髪型を変えられないあなた、恋愛も守りに入ってるかも。20代から恋愛値を上げて、結婚に備えましょう!
職場で後ろから声をかけられました。
「あれ。松本君って、こんなに髪長かったのか?」
男性陣は、職場の女性の髪型やメイクの変化に気がつかないもの!
(ファッション業界は別でしょうけど)と認識しているので、
驚いてしまったと同時に、ああ、結構長いのかな〜と我が身を振り返ってしまいました。

FMの局アナになりたてのころはショートカットが大好きだった私。
美しく例えさせていただくと、モデルの「ハナ」さんとか、
最近の「宮沢りえ」ちゃんくらいかしら?
月に一回のペースで代官山の美容室に行ってました(笑)
そこは、90s後半のクラブ文化ともクロスして、
打ちっ放しの外装とアンティークなインテリアは、
鏡と透明ガラスの定番美容室とは別世界!
出かけるときも自然とおしゃれに気合いが入る☆
さらに!美容師の双子兄弟がまたかっこよい。
ショートカットに定評があるおしゃれな2人は、
モデルさんたちからも超人気だったそう。

私は、毎回「自分を変えてくれる☆」みたいに思っていたので、
いつもお任せしてたので、あるときは、すごーく短くなってて親にもびっくりされたり。
思えば、当時好きだった人が、
ショートカット派だったので、合わせようとしてたのかも・・・。
(恋愛にけなげで弱気な私だったのですよ)

ここ7年くらいは、女性のヘアメイクさんとあれこれ相談しながら、
好きな女優さんを目標に髪型を変えてきました。
例えば「ニューヨークの恋人」のメグ・ライアンの顎下ライン。
ポストカードを化粧鏡に張って毎朝研究してました。「イメ・トレ」ってやつですね。
これはストレートをかけたりして、結構苦労しました。
その後は歌手のシャキーラや女優のペネロペ・クルス。
「ラテンの女」を目指して、ゆるいパーマ&ロングへ一直線。
途中めげそうになって、エクステを付けまくり、疑似ロングを楽しんだり。
女って、どんなことでも「目標」が定まると行動が早いですよね。

ところが「胸の下ライン」を越えたあたりからは、エクステいらず、
信じられないくらいグングン伸びて(!)超・長くなっていたのでした。
せめて、前髪パッツンしてイメージを変えたり、
短くしたら楽だろうなとか、ふとよぎるのですが、
やっぱり今の自分を変えたくないんですね。

あ、今は、<誰かのための髪型>じゃないことは確かだなあ。
「あの人の好みの女になりたい」そんなチャレンジ精神に溢れる恋愛は、
20代前半にぜひたくさん体験しておいてくださいませ。
貴重な時間とパワーを使って、恋愛値を上げてから幸せの鐘を鳴らしましょう!!

コラムトップページ バックナンバー