恋愛コラム「そこに恋があるのだ」
Profile
愛称「マッピー☆」。7月21日東京都生まれ。立教大学卒業後、TOKYO FMのアナウンサーとして入社。2001年にフリー転向。現在、TBSラジオ「ストリーム」(月〜金/13:00〜15:30)や、TOKYO FM「Hits from the Heart」(土/16:00〜16:55)などに出演中。
趣味はドライブ、フラメンコ。特技は、ワインエキスパート!
Vol.020 元彼との10年ぶりの電話。そして10年たった今感じること・・・☆
6月1日は弟・アキラの誕生日です。
4つちがいの弟とは、小さいときからケンカばっかりしてきたので、
その分、お互い大人になってからはとっても仲がいいのですよ。
結婚は、わたしより随分先輩です。
弟夫婦の恋愛物語はドラマのようにロマンチックなので、改めて紹介したいくらいなのですが、
高校生の時に知り合った二人が10年後、ついに結婚!なにも心配ないお似合いの二人です。
そんな2人に、美味しいイタリアンとかをご馳走するのが、
姉の喜びだったりするんですよね。

さて。このコラムに早く書きたくて、うずうず☆しちゃうようなことがありました!
週末土曜日のpm10:00過ぎ。
わたしは、渋谷での生放送を終えてから家に戻って、
夏に向けて「ゴーヤを使ったヘルシーメニュー」に試行錯誤していました。
(いま、スーパーではツヤツヤした沖縄産のゴーヤが、98円で買えたりします!)

そんな時に、携帯がちょっと鳴っては切れ、また鳴っては切れるので、
着信歴をみると・・・
女子校時代の友人の名前が。アドレスに名前は登録されてはいるけれど、
かかってきたのは初めて!!
さっそくかけ直してみると、ビックリ。男性の声で「誰?もしもし!誰?」
電話の向こうは、人の声と笑い声、叫び声が飛び交う騒ぎ。
即座に「結婚式の二次会だな?」っと思いました。
二度三度、かけ直しながらやっと繋がったのですが、
どうやら立教大学時代の体育会アメリカン・フットボール軍団が、飲み会をしていたよう。
っという、おおまかな状況を把握できないくらい受話器の向こうがうるさくて、
「もっしもーし、わたしは松本です!あなたは誰なのーーー!?」
なんて、静かな部屋で叫んでる自分は、近所迷惑だったかもしれません(笑)

女子校時代からの(小学校から!)友人は、
立教大学の名門・体育会アメフト部「ラッシャーズ」のマネージャーをしていたので、
久々の集まりはかなり盛り上がったのでしょう。
当時、わたしは場内アナウンスや、スタメンを読むウグイス嬢をしていたので、
いつも一緒に過ごした大切な友達ばかりです。
何人か懐かしい友達が電話口に出てくれました。
昔から優しい笑顔で、人気だったK田君も、へろへろに酔っぱらっていて、
「まつ〜頑張ってるね〜ラジオもテレビも見たよ!踊ってたよね〜。頑張ってるね。」
なんて嬉しい言葉をかけてくれました。
結婚して、子供が二人いるんだそうで幸せオーラを感じました。
次に変わった相手は、もとカレでした。
(飲み会でありがちな、盛り上げネタですよね)
このコラムでは、反響が大きかった(!)例の「ケツオバケ」とわたしを辱めた大学時代のカレです。

でも、本当に優しくて、わたしの事を一番考えてくれた恋人だったことは間違いないですね。
じゃあ、なんで別れたのか・・・今考えても、恋愛ってふっとしたタイミングのずれで、
結ばれたりダメになったりなんだな〜と思います。

10年ぶりに話したのに、とにかく店がうるさくて、会話にならない感じでした。
でもそれが逆に良かったみたいです。
「いまどうしてる?」なんて、ありきたりなことって聞きたくないですから。
<あなたが幸せなら、わたしも幸せよ>なんて今時のドラマでも言わないでしょう。
そして・・・
冷静なわたしは、とりあえず、携帯で写真を送ってもらうことにしました。
さあさあ、30代も後半の同級生たちの姿はいかに?!
楽しみ反面、ちょっと怖いです〜
ああ、元カレはいつまでもかっこよくいてほしいな。つづく。

コラムトップページ バックナンバー