2010年6月1日(火)

晩婚化・非婚化は、めんどくさいから始まる!?

コラム

精神科医の春日武彦とミステリー作家の平山夢明が『「狂い」の構造』という本の中で、「狂い」のはじまりは「めんどくさい」という感情であると言っています。

 

たとえば、伝説的な猟奇殺人事件から、引きこもり、給食費未払いまで、
狂気じみた事件や大人気ない現象に共通しているものは何か?といえば、
それは、当事者が「めんどくさい」と判断を投げ出してしまっていること
すべての「狂い」は、そこから始まるとお二人は言います。

 

なかなか鋭い、おもしろい指摘だなと思うと同時に、ドキリとしてしまいました。
気づけば、私なども年齢とともに、「めんどくさいな」と思うことがだんだん多くなってきました。
老いの「狂い」もそこから始まるんじゃないかと恐れます。

 

物を整理できなくなったり、溜め込んだり、
新しいことに挑戦するのがめんどうになったら赤信号と

肝に銘じておきましょう。

 

考えてみれば、人生は「めんどくさい」ことに満ちています。
掃除も、料理も、子育ても、仕事も「めんどくさい」ことだらけ。

「めんどくさい」の最たるものは、人間関係かもしれません。
恋愛だって、結婚だって考えようによっては「めんどくさい」です。

ひょっとすると、晩婚化・非婚化も「めんどくさい」から始まっている!?

 

平山氏は書けなくなった時に春日氏に受診し、
言われた言葉が「部屋を掃除しろ」だったそうです。
で、平山氏、言われたとおり徹底的に掃除して、
6作書き上げることができたと言います。

 

もしあなたが、最近、今更恋愛も結婚も「めんどうだな」と思っているとしたらご注意ください!

婚活を始める前に、部屋の掃除から始めるのもいいかもしれませんね。

(三沢)

関連記事
2010年6月7日(月)
専業主婦で生き延びる?
コラム
2010年8月9日(月)
家族の絆はもう頼れない?
コラム
2010年12月28日(火)
イメージトレーニング
コラム