2010年1月25日(月)

婚活開始はお早めに!?

コラム

今日は25日でお給料日の人が多いと思います。

そこで今回は、収入と婚活の関係についてのお話。

まずは、『「婚活」にも雇用格差 積極的な正社員』という記事の紹介です。
 

東大社会科学研究所の調査によると、

「婚活」にも雇用格差があり、パートや派遣などの非正社員より、生活が安定した正社員のほうが積極的に「婚活」をしていることが分かりました(「働き方とライフスタイルの変化」2009年1~3月に実施)。

調査対象は全国の22歳から42歳までの男女約3600人。このうち、未婚で交際相手がいない勤労者(自営業や自由業をのぞく)約800人の結婚意識を調べたところ婚活していたのは、

正社員の男性の53%、女性の51%

非正社員は男性の32%、女性の44%

 

その差は歴然で、特に非正社員の男性の比率の低さが目立ちます。

調査メンバーの一人で同研究所准教授の村上あかねさんは、
「特に収入が安定していない非正社員の男性は、日本人の性的な役割分業意識に縛られ、婚活をためらうのでは」と分析。
デートやお見合いパーティーなど、婚活には何かと費用がかかるのも一因と見ています。

「活動をする人は正社員に多い」という調査結果は、しごく真っ当だなと思いましたが、男女の半数が婚活しているというのには少し驚きました。

皆さん結構頑張っているのですね。

さらに、非正社員の男性の32%が婚活しているのにはむしろ少ないというより、逆に安堵したというか、感心しました。厳しくとも頑張ってほしいなー。

 

ああ、でも収入がイマイチな男性にこんな厳しいアンケート結果が!

「@type」とその姉妹サイトである「女の転職@type」の会員アンケート

『結婚相手に求める理想年収』ランキング

1位 500~599万円 (19.2%)
2位 600~699万円 (17.7%)
3位 700~799万円 (15.4%)

しかも「5人に1人は1000万円以上を希望」!

 

うわっー、女性の皆様、理想はわかりますが……それは無謀というもの。

山田昌弘の著書「若者の将来設計における子育てリスク意識の研究」によれば、結婚したい多くの女は男に年収600万円以上を求め、

その競争率は、3.5人の男を38.6人の女で奪いあう、11倍の倍率

 今さらですが、20代~30代前半の平均年収は一般的には400万円弱と言われています。

 

独身男性の年収が1000万以上が何パーセントなのか?は今データは持ち合わせていませんが、
ここで言えるのは「女性の年齢が上がるほど、希望年収も上がる」という事実。

 

女性の理想が高くならないうちに、男女共、婚活開始はお早めに!?

(三沢) 

東大社会科学研究所の調査

http://osaka.yomiuri.co.jp/university/research/20100115-OYO8T00917.htm

『結婚相手に求める理想年収』ランキング

hthttp://type.jp/s/nenshu/tp://type.jp/s/nenshu/

関連記事
2010年3月26日(金)
お相手は30歳年下
コラム
2010年5月29日(土)
女性ホルモンで美女力キープ
コラム
2010年3月19日(金)
女性たちがしびれをきらして「一夫多妻制」になだれ込む?
コラム