2010年1月10日(日)

「カールじいさんの空飛ぶ家」☆人生は冒険!

コラム

「カールじいさんの空飛ぶ家」を見てきました。

アニメ映画ですが大人も楽しめ、これから結婚を考えているみなさんにもお勧めしたい作品です。

主人公は見るからに頑固そうな78歳のカールじいさん。

彼は最愛の妻エリーを亡くし、彼女との思い出がいっぱい詰まった小さな家でひとり暮らしていましたが、その小さな家には都市開発の波が押し寄せ孤立し、立ち退きを迫られます。

 

その喧騒に嫌気がさしたのか、カールじいさんはエリーと交わした子ども時代の約束を果たそうと、冒険の旅に出る決心をするのです。

家に無数の風船をつけ、家ごと大空へと飛び立つという痛快で奇想天外な冒険シーンもさることながら、冒頭10分間ほどの回想シーンが見所です。

 

冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。子供には恵まれなかったものの、愛情に満ちた結婚生活。月日は流れ共に老いてゆく二人に、やがて別れが訪れます。

セリフもなく映像だけで綴られるシーンですが、出会い、共に生きることの幸せ、切なさにジンとしてしまいました。

 

「カールは冒険して来なかったことを後悔していたが、最後に気づくのは、彼にとって妻との関係こそ、一番の冒険があったこと

」と、プロデューサーのジョナス・リヴェラは言ってます。

 

そう、冒険にはいろいろな種類があり、親子や夫婦の関係も、また冒険なんですよね。

 

サンマリエが「”理想とする結婚のカタチ”を『○○婚』という言葉で表してください」と昨年公募した

『○○婚』コンテストで、1位に選ばせていただいたのは「冒険婚」でした。
http://www.sunmarie.com/konkatsu/contest/

2010年、みなさんも「素敵な冒険へ」踏み出してみませんか。       

(三沢)

『カールじいさんの空飛ぶ家』 原題:UP
監督:ピート・ドクター

 

関連記事
2010年4月9日(金)
伴侶や家族はクッション=「溜め」です
コラム
2010年1月27日(水)
stick with it 「あきらめるな」
コラム
2010年8月9日(月)
家族の絆はもう頼れない?
コラム